5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「悲しめなかった」

1 :名無しさんの主張:04/05/26 18:16
私は今週、「あの報せ」をきっかけに、それまでとは、ものの考え方、感じ方が
信じられないくらいにガラリと変わってしまいました。
「あの報せ」を聞いてから、恋についてだけでなく、色々なものの見方が変わりました。
感動ドラマを見ても、以前はそうは思わなかった演出を「うざい」とか
「嘘臭い」とか「甘ったれるな」と思うようになってしまいました。
(タイトルの「悲しめなかった」はドラマのことではありません)
長文になりますが、このことにまつわる軌跡と「あの報せ」と、それに基づく悩みを
>>2-10に書きますので、(私の心理状態とニュアンスをお伝えしたいので、私小説っぽく
なってしまいましたが、決してネタではなく、実体験です。ほんとうに悩んでいます)
お手数ですが、お時間のある方は、ご都合がよろしければ、全文をお読みになった上で、
真面目なご助言をくださいますよう、お願い申し上げます。
(私が>>2-10に書き込み終わるまで、投稿はご遠慮ください)

2 :1:04/05/26 18:18
 私には小学生の頃からずっと二十五になった今まで、片思いをしていた同級生がいました。
 小学生の時、「その人」が私と同じ町内に引っ越してきました。
私の通っていた学校に転校して来た日に、その人が朝礼で
全校生徒の前に紹介されたその時に、私は(文字通りの)一目惚れをしました。
(それは初恋で、そして、その日から本日まで、生きてきたなかで、
唯一、恋した特別な異性でした。)
その人を一目見た瞬間に、胸が熱くなって大太鼓を打つように強くドッドッドッと鳴って
全身が火照って、顔がカッカと熱くなって、呼吸が乱れて頭がクラクラしてしまいました。
私とその人は同じクラスで、しかもその人は私の隣の席になりました。
私は舞い上がってしまいました。その日、教室で先生に「あいさつして」と言われて
なぜ自分だけにいうのだろうと不思議に思いながらも、隣の席のその人に
「こんにちは」と言いました。するとクラスのみんながドッと笑い出しました。
私はちょっとの間、その理由がわかりませんでしたが、直後にはっと気づいて
顔から火が出るくらい恥ずかしくなりました。「あいさつして」とは、その日の
日直だった私に「「起立、礼、着席」の号令をかけて」という意味だったのです。
 その日から私はその人を好きになりました。毎日その人を見るとドキドキしました。
その人は教室で休み時間に時々、おどけてアニメやドラマのキャラクターの
口真似をしたりしていました。私はその様子をほがらかな気持ちで眺めていました。
ある日、クラスのベランダでその人がしゃがみこんだ時に、その人のパンツが見えて、
私は小学生ながらも、恥ずかしいやら嬉しいやらで、ドキドキしました。
私は毎日その人を見てドキドキしていましたが、私は内気な性格のため、
「愛の告白」はおろか、話しかけることもついにできませんでした。

3 :1:04/05/26 18:19
 私と「その人」は中学も同じ学校になりました。
同じ町内だったので、中学の入学式には、その人の家の自動車で一緒に行きました。
その人の隣に座って、その人の制服姿を見て、私は胸がきゅんとなりました。
中学でもその人を見ているだけでドキドキして幸せな気持ちになっていました。
ある日、私は教室を出ようとしたとき、その人と体がぶつかったことがありました。
私は嬉しくて踊りたい気持ちになりました。
放課後の誰もいない教室で、その人の席に座ってみたこともありました。
静かな教室で、その人がいつも見ている視界を見て私は静かな喜びを感じました。
季節が変わって制服が夏服になり、半そでの制服姿のその人を見た時には
おもばゆい感じがして、嬉しいような恥ずかしいような気持ちになったこともありました。
町内の盆踊り大会では、その人は浴衣を着ていて、夜の暗闇の中で、照明に照らされていた
その人の浴衣姿は綺麗で、私は切なくなりました。
中学で私は一年生のときには部活動をやっていませんでしたが
二年生のときに担任で柔道部顧問の先生に勧められて新設した柔道部に入りました。
そして新入生を迎えるイベントで体育館で部活動の紹介をすることになり
柔道部は柔道着を着て乱捕り(柔道の立ち稽古)を新入生に披露しました。
そしてそれが終わって、私が着替えに教室に戻ろうとしたとき
渡り廊下で、その人に逢いました。その人はテニス部の紹介のために
テニスウェアを着ていました。間近で見たその人のテニスウェア姿は、とても素敵で
私は叫びたいくらいに幸せな気持ちになりました。
中学の卒業式の日に、その人が、その人の好きな人と
(会話は聞いていませんが、その時の状況を見ていて判りました)
思い出作りに2ショットで写真を撮ってもらっていたのを見てしまった時には、
ショックで悲しくて1、2週間くらいの間、胸にぽっかりと穴が空いたような
気持ちになりました。

4 :1:04/05/26 18:21
それでも私は、それからも、その人が好きでした。
 高校は別になってしまいましたが、同じ市内の学校だったので
登校時には時々見かけることもありました。
見かける度に私の胸は高鳴りました。
そして高校も卒業し、私は地域の職業訓練校に行きパソコンを勉強しました。
「その人」は、某都市(私の家から自動車で高速道路を使って行って
一時間半程度の距離)にあるアニメーションの専門学校に行きました。
(同じ町内なので、母がその人のお母さんにあったときに
近況を聞いてくることがあるので知ることができたのです)
そして、それからは(偶然に)逢うこともできなくなりました。
(二度ほど帰省していたその人を見かけたことはありましたが・・・・・・)
そして、その人は専門学校をでたあと、その某都市でアルバイトをしながら
生活をしているという情報を聞いたきり、最近までその人がどうしているのか
知ることがありませんでした。
そして、そのあいだ私はその人以外に好きな人はできませんでした。
だから私は「好きだった人を好きでなくなった」という人の気持ちは、理解できませんでした。
私は「あの報せ」を聞くまで、「終わらない愛だけが愛。
愛が終わるなんていう人は愛をしらない」と思っていました。

5 :1:04/05/26 18:21
「ある報せ」とは、その人がその某都市で結婚をして、一歳になる娘さんまで
いるということです・・・・・・。
母がその人のお母さんと近所のスーパーで久しぶりに逢ったと言って
その人のお母さんから聞いたその人の近況を私に言ったのです。
私はそれを聞いて、憂鬱な気持ちにはなりましたが、何故か悲しい気持ちには
なれませんでした(泣きたかったのに、昔の思い出を辿ってみても、その人が結婚相手と
子供と一緒に幸せそうにしている様子を想像してみても、憂鬱になるばかりで、
悲しみが込み上げてこなかったのです・・・・・・そして、そんな自分を責め、悩みました)
近頃、私の同級生の誰それが結婚したとか子供が産まれたという
話を聞くことが何度かあったので、ある程度は覚悟をしていたのですが
それにしても、中学の卒業式の日に2ショットで嬉しそうに写真を
撮ってもらっていた「その人」を見たときには、あんなに悲しかったのに
現在は結婚して子供までいると聞かされたのに、あの時のような胸に穴の空いた
気持ちになることも無く、悲しめない(泣けない)という事実に愕然としました。
そしてその後、もしこの報せが「結婚していた」でなく「死んだ」だったら
私は悲しめたのだろうかと考え、(それでも悲しめないような気がしました)
もし、それでも悲しめないとしたら、私は「その人」を愛していなかったという
ことになってしまうと思いました。
また、こうも考えました。私が悲しめないのは、その状況を見ていないから
ではないか、もし子供を抱いて結婚相手と一緒に歩いているところを
見たとしたら、私は悲しむのではないか。
そして、こうも考えました。命に関わる大けがをしたときには
痛みを感じないことがあると聞いたことがある。心の傷も限界を
越えたときには悲しみを感じないのかも知れない、と。

6 :1:04/05/26 18:22
いったい私はどうなってしまったのでしょうか。
その人の姿を見たり声を聞いたりできなくなってしまって
長く時間がたったから、いつの間にかその人への気持ちが
薄れてしまったのでしょうか。でも、今でもその人に逢えば
切なくて胸がくるしくなるんじゃないかと思います。私は今でも好き(な筈)です。
なのにどうして悲しみを感じないのでしょうか・・・・・・。
私はこれから誰かを好きになったとしても、その誰かと決別したり
死別したりしても悲しむことはできないのでしょうか。
姿を見たり、声を聞いたり、話をしたり、優しくしたりされたり
そういうものがないと、決別を悲しむことができなくなるのでしょうか・・・・・・。

7 :1:04/05/26 18:23
その報せを聞いてから恋についてだけじゃなく、色々なものの見方が変わりました。
感動ドラマを見ても、以前はそうは思わなかった演出を「うざい」とか
「嘘臭い」とか「甘ったれるな」と思うようになってしまいました。
(頭に血がのぼっていた訳でも、むかむかしていた訳でもなく、悲しいくらいに冷静で、
客観的で、ドライな見方をするようになってしまったのです。)
私から何かが抜け落ちたように思うのです。
(抜け落ちたものがある種の「甘え(甘さ)」なのか「抒情」なのか、
「不要なもの」なのか「大切なもの」なのか、今の私には分からないのです)
それは自分の心を武装していた理念が壊れたせいなのかもしれません。
私はもし、これから誰かを好きになったとしても、もう、あの人を好きになった時のようには
好きになることはできないような気がします。(私はあの頃のように人を純粋な目で
見ることはできなくなっているからです)
私のこの無残な変化は、成長なのでしょうか、それとも堕落・・・罪を犯しているのでしょうか・・・・・・。

8 :1:04/05/26 18:27
私は今でもその人が好き(な筈)なのです。
もし、その人が離婚して、私と結婚したいと言ったなら
私はよろこんで結婚します。

9 :1:04/05/26 18:29
「愛」とは感情の強さと一致するものなのでしょうか。

10 :1:04/05/26 18:29
私はおかしいのでしょうか・・・・・・。私はこれからどうしたらいいのでしょうか・・・・・・。
「悲しめなかったこと」についての(その他についても)ご助言、お願い致します。

11 :1:04/05/26 19:23
どなたか、アドバイスを・・・・・。

12 :1:04/05/26 20:46
お願いします。ご助言を。

13 :名無しさんの主張:04/05/26 20:47
  

14 :名無しさんの主張:04/05/26 21:13
お悩み相談室
ttp://www3.zero.ad.jp/m-oota/

15 :1:04/05/26 21:51
2ちゃんねるは匿名で自由な掲示板ですので
率直な意見が聞けると思いまして。
中でも社会世評板は2ちゃんねるのなかでは
比較的に年齢層が高いのでここの方の
お言葉を頂きたいのですが。

16 :1:04/05/26 22:38
レス、待っています。

17 :名無しさんの主張:04/05/26 22:43
>>14のサイトは本当のお悩み相談のサイトだぞ。

18 :名無しさんの主張:04/05/26 22:48
世評をしりたいのです。
私は異常ではないのかどうか、皆さんはどう思われるのか。
私と同じ様な体験をした方がいらっしゃるかどうか。
2ちゃんねるはアクセス数が多いので
そういう話も聞けるのではないかと思いまして。

19 :名無しさんの主張:04/05/26 23:11
 親が死んだとき、同じような気持ちになった。
写真を見ても、それが親だとは解るけれど
まるで他人の写真を見るかのように、‘印象’というものが
まるで心に浮かんで来ない。でも記憶ソウシツというわけではない。
出来事の記憶は残っているんだけれど、‘印象’だけが
まるっきり消えた。
そういう状態が何年も続いた。
その何年もの間、親が死んだ事を全然悲しめなかった。
その事で自分を責めた事もあった。

 1さんの場合もおなじようなものなんだろうか。
そこまで思いつめた恋をした事が無いので、正直想像がつかない。

20 :名無しさんの主張:04/05/27 00:09
今時の子どもは、ませているのだなぁと思いました。
私の子ども時代は、異性を好きだの嫌いだのなんて考える時代じゃなかった。
中学生になっても恋心を持つより、部活動の人間関係に悩んでいました。
別に異常じゃないと思います。これからはそういうタイプの人が増えて来る
のかも。

21 :しげる ◆dz9zyODV/w :04/05/27 00:29
>1

何故、告白しなかったんだろう。

22 :名無しさんの主張:04/05/27 01:26
とりあえず1は男か女かネカマかはっきり書けな

23 :名無しさんの主張:04/05/27 01:57
>>1は本当の自分がわかってなさ杉。
片思いで告白もしないでずーっと見てるだけ。
そんなだから自分がわかんなくなるんだよ。

恥かいてもいいから、余計なこと考えないで告白してれば今そんな状態になってねーぞ。

相手が好き=自分の欲望だと言うことを忘れるな。

24 :しげる ◆dz9zyODV/w :04/05/27 02:13
>1

好きだった彼女が結婚して幸せになれてるとしたら、喜んであげるべきだね。
 それができないとしたら、はじめから愛ではなかったし、今の状態になるのも見えてたことだよ。
 これからは、もっといろんな人と接する機会を持っていった方が良いと思うよ。
 自分のことを知らないのは、実は自分が一番だったりするもんだからね。
 

25 :名無しさんの主張:04/05/27 07:05
レスがついてるな…
小中学生の頃の気持ちを
いつまでも持ち続けられるわけが無い。
思春期の未熟で不安定な心が
他人を求めるのは良くある事だが、
大人になってそれだと困る。

そんな気持ちでは仮に一緒になっても上手く行かないし、
却って幻滅するだけだ、相手に対しても自分に対しても。
それを感じなかっただけ、まだマシだろう。
青春時代の美しい思い出として大事にとっておくんだね。

あと、テレビドラマや小説は単なる作り事だから、
冷めた目で見るのは当たり前。

26 :名無しさんの主張:04/05/27 07:24
否定したいのかもしれないけど、「あきらめてた」からでしょう。

それに、初恋の相手なんてのは、誰でもそれなりにずっと心の奥に秘めてるもので、
今でも好きかって言われれば、そうかもしれない、って人が多いと思う。

正直、1がもし悲しめたとしても、
それが果たして本当に1の思っているような悲しみなのかは、分からないね。

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)