5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

龍のハナアルキ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/14 16:36 ID:E2YJe/ck

1942年にノルウェーのエイナール・ペテルスン・シェムトクヴィストが
それまで未知であったハイアイアイ群島と呼ばれる島の一つ、ハイダダフィ島に漂着した。
ここで彼は奇妙な動物群を発見するが、1950年代に行われた秘密の核実験により
石灰岩と変成粘板岩で形成された地層が崩壊、ハイアイアイ群島はその崩壊とともに完全に水没し
鼻行類を始めシュテュンプケを含めたハイアイアイ・ダーウィン研究所の研究員は
ハイアイアイ群島もろとも消滅したのだった。ハラルト・シュテュンプケの研究書だけを残して。



2 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/14 16:37 ID:E2YJe/ck
適当にスレルール

不思議な生き物について書く
たとえば、陰謀論者とかオカルティストとか…

話題は適当に思いつき…

真性オカルトオタや真性陰謀論者は来ないでくれ

あくまでもネタスレだから…

ここにレスする人は、前スレ読んで雰囲気をつかもう

前スレ
http://society.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1037760480/

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/14 16:38 ID:E2YJe/ck
ここにドイツの天才詩人クリスティアン・モルゲンシュテルンが詠んだ有名な一遍の詩がある。

Auf seinen Nasen schreitet     たくさんの鼻で立ってゆったりと
einher das Nasobem         ナゾベームは歩く
von seinem Kind begleitet.     自分の子どもたちをひき連れて。
Es steht noch nicht im Brehm.   まだブレームには載っていない。
Es steht noch nicht im Meyer.   まだマイヤーには載っていない。
Und auch im Brockhaus nicht.   そしてブロックハウスにも。
Es trat aus meiner Leier      それは私の竪琴から
zum erstenmal ans Licht.      はじめてこの世にあらわれた。
Auf seinen Nasen schreitet     それ以来
(wie schon gesagt) seitdem,     たくさんの鼻で立ってゆったりと
von seinem Kind begleitet,     ナゾベームは歩く
einher das Nasobem.         自分の子どもたちをひき連れて。


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/14 16:39 ID:E2YJe/ck
十分スレ下がったら、再開いたす!

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/14 20:17 ID:cviklb98
ハナマルキ?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/17 00:56 ID:QdrSe4TF
昔、鼻行類のAAあったな。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/17 09:41 ID:KKK++T1h
じぇっとはなあるき

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/17 15:11 ID:vaLAakb0
これをリンクしとかねば
http://www.palf.co.jp/~ryu/index.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧_∧ 
     目(・∀・ ) <太田ぁ龍ぅぅ 推参
     | (    ) 
   | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\
   | 太田龍 |   |

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/17 15:12 ID:vaLAakb0

            ‖
            ‖
            ‖sage進行します。それでは。
  ∧龍∧   。‖
 (   ・∀) / ‖
 (    つ  E[]ヨ            学級連絡: 時々保守巡回します。
 l ̄ ̄ ̄ ̄l   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/18 00:17 ID:JXNDYi6e
鼻行類の存在を前に信じかけたものだよ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/20 14:23 ID:gDKUvwKp
信じる人がいても無理ないかもしれないな
何せこの論文は進化論に則って記述され、詳細な解剖図や生態観察の様子など
徹頭徹尾学術書の作法に準ずる記述で、真剣にギャグかましてますから。
この書が出版された当時、本物の学術書だと誤解した人が続出したそうな。
この書の隠されたテーマは、カール・D.S・ゲーステのいうように「科学とは何か?」「学問とは何か?」という
読者への問いかけにあると思ってますけどね。
類似書としてはレオ・レオーニ 著「平行植物」というのもあります。時間軸上の知覚不可というあまりにも
無理っぽい設定であまり面白くありませんが。

ちなみに、俺はシュテュンプケ(本名は生物学者ゲロルフ・シュタイナー)がモルゲンシュテルンの詩を読んで
鼻行類の発案につながったと見てますけど。

余談ですが、シュテュンプケが鼻行類を発表する遥か以前、1890年代にナゾベームを詩に詠んだクリスティアン・モルゲンシュテルンは
人智学の提唱者ルドルフ・シュタイナーの親友でもあって、彼の不思議な詩は神秘主義の影響かもしれません。
奥さんのマルガレータ・モルゲンシュテルンは人智学協会員だったしな。

 ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧   ___ カタカタ…
  ( ・∀・) //  /___ <ほ〜ら、神秘主義と繋がった!
  (_ つ っ// [..||.]||◎|
  と_)| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:[.| 
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ 

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/20 14:24 ID:gDKUvwKp
理系ギャグ本では、数学者ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」も有名ですが
もう全編、数理ギャグ満載で、俺の友人で数式を示して解明して遊んでた人がいました。
キャロルの文学は、文章の裏に隠された数式を読むのが正しい楽しみ方ですが、形式論理から意味論へいたる
キャロルの数学者としての苦悩などが読み取れておもろいです。フレーゲのような哲学的でもあります。

あと至高のギャグ系啓蒙書といえば、原子形成のαβγ理論(ビッグバン理論)で功績を挙げた
物理学者ジョージ・ガモフの「不思議の国のトムキンス」も最高ですね、数理ギャグ満載で
エッシャーを彷彿させるような挿絵もサイコーっす。絶対にお買い得。
科学理論の啓蒙書でこの書に勝るものはないでしょう。このような不朽の名作は義務教育で読ませるべき。

理系人は学者から学生にいたるまで、日頃から「ギャグとしての理論遊び」を語り合って楽しむことがありますが
この「理論遊び」などのユーモアこそが、独創性を養う重要な知的鍛錬でもあることを、子供たちにも教えるべきでしょうね。

キャロルのアリスとガモフの全集は科学啓蒙書の最高傑作だと思う。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < ユーモアセンスが大切なのだ。
 (つ旦と)  
  と_)_) 

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/21 17:25 ID:wSPY/H8C
2チャンに落ちていたFlashで「シェリーにくちづけ」聞いて以来
フレンチポップスに、はまってしまった。
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/8031/tout2.swf
勘違いしてる人もいるかもれないけど、chérieという仏語は英語でいう「ダーリン」のような
「愛する人」「愛しい人」という意味で、人名ではありません。念のため。
「Tout, tout pour ma chérie, ma chérie」は、「愛しい人にすべてあげるから」という意味です。

Tout, tout pour ma chérie, ma chérie(×4)

Toi, viens avec moi et pends-toi à mon bras.
Je me sens si seul sans ta voix sans ton corps
quand tu n’es pas là
Oh, oui, viens! Viens près de moi.
Ja ne connais rien de toi, ni ton nom ni l’âge que tu as.
Et pourtant: Tu ne regretteras pas, car je donne

Tout, tout pour ma chérie, ma chérie(×4)

 ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧   ___ カタカタ…
  ( ・∀・) //  /___ <Tout, tout pour ma chérie, ma chérie
  (_ つ っ// [..||.]||◎|    Tout, tout pour ma chérie, ma chérie♪
  と_)| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:[.| 
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ 

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/21 17:33 ID:wSPY/H8C
大昔にフレンチポップスが流行ったそうだけど、聞いてみるととても新鮮だ
俺的にはフランス・ギャルの「夢見るシャンソン人形」とフランソワーズ・アルディの「さよならを教えて」に
萌えてしまった。CMなどでよく耳にする曲だね。

それにしても「夢見るシャンソン人形」の歌詞はよく考えるとシュールすぎる
「私は恋することもできない蝋で作られた人形にょ〜」との歌詞を少女に歌わせるとは!
シュールだ、シュールするぎる歌詞だ!

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < Poupee de Cire, Poupee de Son♪
 (つ旦と)  
  と_)_) 

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/21 17:35 ID:wSPY/H8C
もうすぐクリスマスということで、時事ネタということで
クリスマスソングのMIDIサイトをリンクしておこう。
フレンチポップスもあるよ!萌えてくれたまえ!
http://days.maxs.jp/days123/#

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < 少し早いがメリークリスマスなのだ!
 (つ旦と)  
  と_)_) 

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/21 17:37 ID:wSPY/H8C
ジュ スィ ウン プウーペ ドゥ スィール
ウンヌ プウペ ドゥ ソン

モン ケヴィグラー デド メ シャンソン
プウペ ドゥ スィ プウペ ドゥ ソン

スィ ジュ メーア スィ ジュ ピール
クーウ プウペ ドゥ サロン

ジュ ヴォ ラ ヴィ オン ローズ ボンボン
プウペ ドゥ スィ プウペ ドゥ ソン

メ ディスク ソン ぺ ミルワール
ドン レーケン シャーカン ペヌ ヴォワール
ジュ スィー パートゥー タラ フォワ
ブリーズ オン ミウディ エ クラウ ドゥ ヴォワ

オトゥール デュ ムワ ジュントゥー リール
レ プウペ デュ シフォン

セー レ キ ダン セソメ シャンソン
プウペ デュ スィ プウペ デュ ソン

エ レ ス ラ スィース グリィール
プー アン ウィ プ ア ノン

ラーム ネ パ ク ダ レ シャンソン
プウペ デュ スィ プウペ デュ ソン

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < シュールだ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/21 17:39 ID:wSPY/H8C

°  .☆  ゚   °   ゚     ゚ 。
 ° ,个、           °         。
  ノ ♪ミ   ゚   。 みなさんも楽しいクリスマスが過ごせますように… 
 イ 彡※ヽ    °                   °
.ノ,● ※☆ミゝ゚       ゚    ゚ 。       。
彡 ※,, †,, ヘ      
ν※ ,,★,,※  ∧_∧∧_∧ ゚    ゚    ゚        。   °
⌒⌒i⌒i⌒ ( ・∀・) ´∀`)
┬┬┬┬┬--つ☆⊂-つ†O┬             ☆ ▲ °
‐┼┼┼┼┼‐┼┼┼┼┼┼            ゚ ヽ(・・)(・・)/ ゚ 
┼┼┼┼┼┼‐┼┼┼┼┼┼    ゚         (  )  )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ ̄ ̄ ̄ ̄             ^ ̄ ̄~ ̄   。


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/24 13:40 ID:WZJKeao8
   o   。         ______o  O   。    。 °
 。 ○  o    ○   /  ィ     ○  o    ○
        o      /ニニニ)⌒ヽ  メリークリスマス!!
    o         (・∀・ )__ )   。  o
  ○   。  ○  /○  ○) /|,. o       O  o
。  o    o   ∠∠______∠_/ /     ○
      o    .|/     |_/  ○   。  o  O 。
 o  O     / ̄ ̄ ̄/ ̄   o    。
      。  ノ      /    o         O
 o   o   y y_ノ)  y y__ノ)    。   o      ○
   o   (゚Д゚ )  (゚Д゚ ) つ  o   °      o   。
 。   o ∪-∪'"~ ∪-∪'"~  。  。 o   °o 。
     __  _ 。    __   _  o  o__       _ °
  __ .|ロロ|/  \ ____..|ロロ|/  \ __ |ロロ| __. /  \
_|田|_|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|._| ロロ|_


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/24 13:41 ID:WZJKeao8


 ☆             ☆         |l≡≡≡|ミ|  ☆     ☆
    ☆                 ☆  |l≡≡≡|ミ|              ☆
          o。_。_lコ<o>     |l≡≡≡|ミ|_<o>_。≠_〇o
 。+ +。。。。。 |l|FFFFFFF|。 。 .。 +|l≡≡≡|ミ|EEEEEEEEEEE|lll| .。+
  * o  o.   |l|FFFFFFF / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     。。oo  |l|FFFFFF |  Merry. Xmas! 今晩は大忙しだ!クリスマスage
   /| ̄ ̄ ̄l ::|FFFFFFF \                                  /
   |ミ|:」」:」」:」| ::|FFFFFF     ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |ミ|:」」:」」:」| 〇 FF.。   ヘ⌒ヽフ  |l≡o + +! + 。 〇   +
   lミl.」」.」〇 ++ +  ( ・∀・) o  〇 。 o  +   〇 。 +
  __〇___。_゚__/ ~つと)____o______〇__o___。
  二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ::::::::::::::::::::........................................  ..    .   . .. ...............::::::::::::::::::::::::
  ───────────────────―──────―
 ゜      〇  〇 〇〇             *     〇 o *
   *  ゜  +    ,:'           : +       丶   +
 〇     +   ゜ ,-'             i              ヽl゙   〇
     〇    _  l/            l!               \「     
         _  i/             ll                \「
       − l/               |l              \「
    −_ ~l/                  |.l
  −__ l/                  } |
   

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/24 13:48 ID:WZJKeao8



    ⊂⊃   .☆.。.:*・゜
(\ ∧_∧ /
(ヾ ( ・∀・)/ このレスに出会ったあなたは超ラッキー。
''// ( つ ● つ
(/(/ ___|″ 近々幸運が舞い込んでくることでしょう。
   し′し′ 

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/24 13:51 ID:WZJKeao8
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | Merry. Xmas! !
 \
    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ミヽ ⊂⊃ミヽ
  ミ ̄ヽヽ∧_∧|'彡
   ソ ̄`;( ・∀・) ̄シ
   'ノ ̄⊂  † ⊃ヾ
    リリ''''/  / /'''ヘヘ
      し' し'  ☆。+
            *゚★
            ☆+。☆
             ☆+。*
              ∧_∧キャー
             (* ・∀・)

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 14:27 ID:4eb/6Ddu
前すれがdat落ちしたが、これは削除というべきだろう。
スレッド一覧を見れば判るように、住人が一人もいない死んだスレが
大量に放置されている状態で、まだ書ける状態にもかかわらず前スレがdat落ちしているのだ。
管理者の恣意性を感じずにはいらねないが、気をとりなおして
html化されるまでの間、前スレのミラーをリンクしておこう

前スレ
太田龍ついて語ろう
http://ziro.no-ip.org/archive/2ch/0000012863.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧_∧ 
     目(・∀・ ) <フフフ…ミラーサイトがあるのだ
     | (    ) 
   | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\
   | 太田龍 |   |


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 14:29 ID:4eb/6Ddu
年明けたら本格的にネタ再開するつもりだからな

 ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      r ⌒ヽ
     (´ ⌒`) ポッポー !
         l l
 カタカタ ∧_∧  
     (・∀・#)<新年になったら本格始動だ
   _| ̄ ̄||_)_
 /旦|――||// /
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 14:33 ID:4eb/6Ddu

         【スレManifesto】

みんな僕たちの活動の原点に帰ろう!
僕たちは宗教的な雰囲気がするぐらい、心休まる言葉で。
ともすれば傷つけあいがちな2ちゃんの中で、人々の心を癒していきたい。
というよりも、シュールな一言ネタで笑わせたい。

そのときこそ、善悪の彼岸Jensiets von Gut und Boeseから
道徳の系譜Zur Genealogie der Moralを超えて
超人ツァラトゥストラZarathustraへと至るだろう。

 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   ツァラトゥストラはかく語りきAlso sprach Zarathustra
 (; ・∀・)  /| 永劫回帰die ewige Wiederkunft!
 ( つ| ̄ ̄|.  |
    |    |/
      ̄ ̄

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/06 13:19 ID:46P9XPWq

       ∧_∧ 
     目(・∀・ ) <明けましておめでとう、今年度もよろしく
     | (    ) 
   | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\
   | 太田龍 |   |


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/09 19:10 ID:u1oG5Aak
以前>>11-12で書いてた鼻行類の続きを書こう。
シュテュンプケが鼻行類を書いた意図は、進化シミュレーションにあるわけですが
その他にも、人間の情報に対する認知過程シミュレーションとして見る事もできます。

理系ギャグ本は、基になっている科学理論の理解がなければ著者の意図がわからず
本当の面白さは理解できないまま、つまらない誤解をしてしまうことでしょう。
鼻行類の場合は進化論の完璧な理解が不可欠で、進化論に関する関連学術論文を
多数読みこなしてなければいけません。そうでなければパロディをパロディだと認識できないし
パロディの学術的意義も理解できないからです。

現存動物を元に生物を変化させていくには、進化や退化が欠かせませんが科学理論に則ってなければ
パロディにはならず、著者と読者双方に進化論の完璧な理解が必要となります。
系統の違う動物群であろうとも形態が似てくる進化過程を収斂進化といいますが、これを可能とする空間と
何世代も生存する時間を必要とし、進化の必然過程をシミュレートしたものが鼻行類の意図です。

従って、上記の理由により鼻行類は所謂「トンデモ本」の範疇には含まれないのです。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <
 (つ旦と)  
  と_)_) 

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/09 19:11 ID:u1oG5Aak
鼻行類の意図について説明しました。しかし前述のとおり、著者自身の思惑とは別に
「人間の情報に対する認知過程シミュレーション」という副産物も生まれました。

情報認知において、視覚情報と文字情報の差異をこの著書は問題提起していて
嘘の情報をまるで真実であるかのように文章にして、生物学的だと感じられる挿し絵を付けることで
文字による理論や概念の情報よりも、視覚情報の方が影響力を持ち信憑性を高くすることが
この本により読み取れます。論文中の架空の参考文献など、信じる人がいてもおかしくない内容で
真偽という曖昧な概念の再検証を促しています。嘘を飾り立てることで逆に真実とは何かという問を
読者に投げ掛けているわけです。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <
 (つ旦と)  
  と_)_) 

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/10 18:41 ID:tDv2doaZ
ネット上で遭遇するトンデモ論者、とくにムー系オカルティストの傾向として
悪質な被害妄想を伴う、学歴コンプレックスを持つ者が散見される。
彼らの多くが、ムー的な在野のアマチュア疑似科学研究者と学術研究者が対立しているとの
妄想を抱いている場合が多いが、しかしながらこの妄想は間違いであって
俺は疑似科学の発生源と、一般に伝達される過程を知っています。

彼らはよく権威主義批判などの、パターナイズされたアカデミズム批判を繰り返し
エリート対非エリートの対立構造を想定した上で、無知ゆえの誤った被害妄想を抱きつつ
アカデミズム批判やエリート批判へと展開する様子がしばしば見受けられます。
これらの認識の過ちを正すべく疑似科学の歴史的系譜を語ってみよう。

疑似科学の発信源は学会にあり、ムーなどのオカルト誌に掲載されている疑似科学小論文は
アカデミズム内トンデモ論者の受け売りであり猿真似である、という事実がある。
オカルトオタクには無学なものが多く、それゆえムーなどを読みその記述に触れたとき
学者の知らない知識を得たと、途方もない馬鹿げた錯覚に陥ってしまうのです。

物理学会では「入会には二人の学会員の推薦が必要」「学会員ならだれでも発表できる」と取り決めており
従って、トンデモさんが二人いれば、芋づる式に疑似科学研究家を学会に入会させることができてしまうのです。
このような者に学会で発表させるべきではない、と考える人もいるかもしれないが
発表を事前審査するには大変な労力を必要とし、また、発表の許認可権を特定の人物に与えるのは
問題が生じる恐れがあり、利権防止などの観点から一切の規制をやめ無制限とするのが
学問の自由を守るためには好ましいとの判断で、初日の早朝などあまり人のいなさそうな時間に
疑似科学の研究者に学会での発表を許しています。
 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <自明のことですが、彼らが大学等の研究組織に属していることは稀です。
 (つ旦と)   企業で物理とは無縁の研究室にいる人が多いです。
  と_)_)  しかし、少数ながらトンデモさんの系譜にいる学者も実在します。


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/10 18:42 ID:tDv2doaZ
疑似科学の発表は疑似科学支持者と、俺のような正統科学側であってもユーモアを理解する
冷やかしの(悪質な敵意がある訳ではない)笑って楽しもうとする聴講者で埋まり
会場が異様な雰囲気に包まれ、また発表後の質疑応答が凄まじいのです。
「宇宙の法則とは何か」などといった超科学的な質問が飛び交うのである。
(いつから物理学会は「笑点」になったのだ!これではまるで「大喜利」ではないか!ワラ)
俺はこのときのために用意していた質問を試してみた。
「いままで自説をどこかに発表されたことはありますか?」
俺は当然「雑誌ムー」と返答されることを期待したのだが、このような答えが返ってきたのだった。

「朝日新聞に毎月投稿しております、読まれましたか?」
これには完全に意表を衝かれた、絶句した!テレビ朝日にトンデモ番組が多い理由もわかりました。w

アカデミズム内疑似科学家といえば清家新一や深野一幸などが有名だが、総本山はサイ科学会だろう。
これら物理学会内部から疑似科学が研究され発信されているのであって
無学なオカルティストが勘違いしているような、素人のオカルト作家が発信源ではなく、これらの人々は
アカデミズム内トンデモ論者の受け売りで、猿真似でしかないのです。ムーに書いてあることを
学者の知らない知識を得たと勘違いしてる人も多いけども、そうではなくて、ムーの寄稿者は
すべて学会などで発表している者のパクリでしかないのが実態なのです。発信源は学会にある。
ですから、「アカデミズム対アンチアカデミズム」「エリート対非エリート」「プロ対シロウト」の
対立軸と考えるのは間違いで、疑似科学側も博士号取得者が多数いるのです。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <オカルトオタで「象牙の塔」などの常套句を弄し、パターン化したアカデミズム批判している人は
 (つ旦と)   自分の興味のあることぐらい、もっと調べて勉強したらどうだろうか?
  と_)_)  ムー系のトンデモ作家の寄稿文は、すべて学者のパクリだぞ。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/10 18:42 ID:tDv2doaZ
疑似科学史の一例を挙げると「太陽低温説」という、よく耳にする説がありますが、これは昭和9年に斉藤朗が発行者となっている
「理論物理学の錯誤」という本に記されています。そして、権威主義批判、学術機関批判、エリート批判などの
現在のトンデモ論者がよく口にする正統科学批判のパターナイズされた口上が、同著に記されていることが確認できます。

戦前のトンデモ本⇒清家新一や深野一幸などのアカデミズム内トンデモ論者がそれを剽窃⇒サイ科学会などの会員がさらに剽窃
⇒オカルト作家がさらに剽窃しムーなどに寄稿⇒一般のオカルトオタが妄信

このような系図になっています。現在主張されている疑似科学説の多くが戦前に発表されたものが原典となっていて
発案根本部で独創的なものはなく、さまざまな論者が参照文献を隠したまま現在までコピペを繰り返しているにすぎない実態があり
また、パターナイズされた権威主義批判、エリート批判などの常套句もすべて戦前からのコピペであり
独自に考えた批判ではないことが、この戦前に斉藤朗によって発行された「理論物理学の錯誤」を読めば理解できるでしょう。

オカルトオタクはトンデモ本の著者が、アカデミズム内トンデモ論者の単なるパクリであることも知らず
著者が独自に考え出したものと、とてつもない誤解をしているわけです。
なお、この本は絶版となっており、古本屋を丹念に訪れなければ入手することは困難ですが
運よく手に入れた人はトンデモ論が流布される背景と系譜を知り、現在のトンデモ論者とその支持者が
論旨だけではなく、定型化された権威主義批判などに見られる大学研究機関批判までもが他者の模倣であり
自分で考える能力が何もない連中であることが、確認できるようになるでしょう。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <戦前に現在まで繋がる、さまざまな系統のトンデモ原典があるのだが
         その一例が「理論物理学の錯誤」です。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/10 18:43 ID:tDv2doaZ
よくトンデモさんは大学の研究室に論文を送り付けてきます。
手紙が添えられ「この論文を博士論文として審査して下さい」と書いてあります。
それでも膨大な文量がある場合はまだ本人の熱意を感じたりもするが、葉書に数式だけという人もいます。
しかも、完璧に間違えた論旨で…。貴方の周りにもいませんか、「論文送りつけ魔」

彼らの横暴はとどまることを知らず、専門家しか読まない科学雑誌「パリティ」の読者欄にまで出没してきます。
「私は新しい理論を立てました。知りたい方は下記まで」という投書を見かけることがあります。
一般の書店にもトンデモ研究者の書いた疑似科学本が多いので、注意したほうがいいでしょう。
とくに相対論と量子論の啓蒙書には要注意で、正統科学の真面目な研究書と一緒に山積みされている姿をよく見かけますが
もし不幸にして、あなたの手にした本がトンデモ系の疑似科学啓蒙書だったら…それを正統科学の啓蒙書だと勘違いしていたら…
貴方もトンデモ論者の仲間です。手にした本を正統科学か疑似科学かを判断するには、正統な科学知識
本物の科学知識が不可欠で、数式を読み自力で記述を検証できる基礎学力が求めれれるでしょう。
http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/bm_top_parity.html
 ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧   ___ カタカタ…
  ( ・∀・) //  /___ <数式を読み自力で検証できる能力がないと判断できないだろう
  (_ つ っ// [..||.]||◎|  判断を他人に仰ぎ尋ねても、自力が伴わなければ返答の是非を判断できない。
  と_)| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:[.|  判断力を養うには正統な基礎学力を身につけるしか方法が無いのだ。
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ 


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/10 18:44 ID:tDv2doaZ
最後に物理学会内で、トンデモ論者が指導者となって率いている研究アジトを紹介しておこう。
これが彼らの秘密アジトだ!! 財団法人格までも彼らは入手に成功しているのだ!

日本サイ科学会
http://homepage3.nifty.com/PSIJ/
財団法人、日本心霊科学協会
http://www.shinrei.or.jp/index.html
国際生命情報科学会
http://wwwsoc.nii.ac.jp/islis/sjis/islis.htm

 ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧   ___ ワーハッハッハ!! ワラタヨー! カタカタ…
  ( ・∀・) //  /___ <社会的な地位もない無学なオカルトオタなど、ムーを鵜呑みにし受け売りで放言するのが関の山で
  (_ つ っ// [..||.]||◎|  なにも説得力も影響力も無いが、博士号を持つトンデモ論者は只者ではないのだ、甘く見るべきでない!
  と_)| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:[.|  まるで特撮ヒーロー物に出てくる悪の秘密結社のようだ!アカデミズム内トンデモ研究者、恐るべし!!
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ 

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/11 17:18 ID:FdcGU9FE
財団法人、福来心理学研究所をリンクし忘れてたよ
http://www1.odn.ne.jp/fukurai-psycho/
こちらは上記とは別の人が主催してるが福来研究所
財団法人、飛騨福来心理学研究所
http://www.fukurai.net/j-index.html
彼らと単なるオカルトオタクとの違いは、財団法人格を持つにまで至っている点でしょう。
それなりの人脈を持ち関係者には社会的地位もある人もいて、なかなか侮れません。

彼はよく超常現象の研究行為自体に反対されていると考えているのだが、これは被害妄想です。
そうではなくて、研究の方法に明白な科学的過ちがあるので、その研究方法の過ちを否定されているのです。

疑似科学といわれるのは、研究の理論、観測、実験などに明白な過ちが認められるからで
徹頭徹尾、正統科学に則った手法であるならば、その研究行為自体を批判したりすることはないでしょう。
超常現象を研究するのならば、徹底的に正統科学に準じた方法でやればいいのです。
それならば、正統科学側からの批判もなくなるでしょう。

しかしながら、科学に則って研究されている人は少なく、そのほとんどが簡単に過ちと証明できる
未熟でお粗末な代物でしかないから批判されるのです。
とくに彼らは基本的な科学知識自体に疑問符がつくことが多く、親切な人に過ちを的確に指導指摘されても
その指摘を理解するだけの基礎学力が欠けているのが問題で、攻撃されているとの心理に陥り
悪質な被害者意識だけが肥大化してるのが問題です。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/11 17:21 ID:FdcGU9FE
このような被害者意識を持つ者にいいたい。研究すること自体を否定しているわけではないのだ
研究してもいいから、徹頭徹尾正統科学に則った手法で研究してくれといいたいのだ。
これが完璧に実践できれば超常現象の研究にも偏見がなくなり、社会的にも研究行為自体を
否定されることもなくなり、研究行為自体の理解が得られるようになるだろう。
正統科学の専門家は堅物との一般イメージと違い、もっと柔軟でユーモアを理解する人物が多いですよ。


前スレにも書いているが、オカルト研究している研究者があまりにも非科学的で
簡単に過ちを指摘できるほど、明白な間違いを犯しているから否定されるのであって
非難される理由は彼らオカルト研究者の方にあるのです。学術的に正しい方法で
研究すれば非難されることもなくなるでしょう。ぜひそうなって頂きたいものです。
現時点では結論を云々する段階にも到達してなく、それ以前のところで躓いていることが歴然としてます。

 ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧   ___ カタカタ…
  ( ・∀・) //  /___ <もっと科学的態度で誠実にやりなさい
  (_ つ っ// [..||.]||◎|
  と_)| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:[.| 
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ 

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/18 17:45 ID:Kc5cGO7w
あげとこう

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/24 16:46 ID:B7ZjCnxe
戦前のトンデモ原典の一つである「理論物理学の錯誤」を>>30で紹介したが
発行者名を誤変換してたよーつд`)斉藤朗は間違いで、正しくは斎藤明だっだよ。
話は変わって…
前スレで副島隆彦を批判したけども、彼の場合は単なる思い付きなのに真実である、と自分の支持者を扇動しているところが悪質だ。
彼の稚拙な過ちを理解したうえで、是々非々的態度で冷静に接している人ならいいけど
支持者の中には最低限の批判精神も懐疑もなく、狂信的に信じ込む人が続出しているのが問題です。
彼は再度アポロについて述べたが、今回の主旨も「テレビで見たから」というのが根拠だった。
http://www.asyura2.com/0311/bd32/msg/699.html
上記のリンク先でぼやき515が紹介されているのだが、副島の主張は以下の二点だ。
・米国が国家の威信をかけて捏造を否定しようとしている。
・ラムズヘルドら米国国家権力中枢部が、自ら捏造を公表したがっている。
このように正反対の主張を同一文章内で述べているのだが、捏造を否定しているとの前提に立てば
ラムズヘルドら国家権力中枢部がインタビューを受けるはずがない、との結論でなければおかしいし
権力中枢部が捏造を公表する意図があるとの前提ならば、妨害工作などすることはない、との結論でなければおかしい。
上記の二点は論理破綻し両立し得ないのです。
http://www3.rocketbbs.com/13/bbs.cgi?id=hiro15&mode=pickup&no=16052
 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <ついでに、副島のアポロ発言を再掲しておこう
http://www.snsi-j.org/boyakif/wd200304.html#2901
http://www.snsi-j.org/boyakif/wd200305.html#2801
http://snsi-j.org/boards/past.cgi?room=sample1&mode=find&word=%C9%FB%C5%E7%CE%B4%C9%A7%A4%C7%A4%B9%A1%A1%A5%A2%A5%DD%A5%ED%B7%D7%B2%E8&cond=AND&view=30

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/24 16:48 ID:B7ZjCnxe
副島はいつもこの調子で、その場その場での思い付きを適当に放言して、分析や検討をした形跡が見られず
彼の今までの幼稚な放言の数々が、直感だけで思考停止する人物であることを証明しています。
直感の後に裏づけを取る大切さや、直感後の検討方法を知らないようだが、本人は無自覚のままのようだ。
賛否双方の資料を読む、疑問点を識者に問う、疑問点を議論する、
などの思考チェックを経て、最終的に結論を出すのが正しく、弁証法の重要性を理解していない。
また、新たな事実が判明すれば、ただちに結論を修正する心構えも必要だが、彼はまるでサイコロ賭博の丁半のように
始めから、信じるか信じないかという、思考を伴わない印象だけで結論を決め付け、わめき散らすだけなのです。
知識の乏しさ、分析能力の無さ、など副島の知性に著しい欠陥があることを再認識しました。

最近の副島は、陰謀論なら何でも鵜呑みにするようになり、さらにトンデモ度が増していて
まるでダボハゼの如く、無批判無検証に怪しげな陰謀論に食いつくようになり、弟子たちも検証を伴わない
印象だけ空想だけの、陰謀論者ばかりが集まってきているようです。

賛否双方の資料を読み、討論や弁証法などの思考チェックを経て、最終的に結論を出すのが正しのだが
弁証法の重要性を理解していないようだ。思考を伴わなず印象だけで結論を決め付ける悪癖は一生改まらないのだろう。
議論の重要性を理解できない者はデマ地獄に落ち、生涯いい加減な論に振り回され、早トチリばかりするようになる。
そして無知ゆえに自分で判断することができず、すべてに疑心暗鬼になり人間不信に陥いり
独我論の地獄へと落ちるのである。自業自得である。
前スレでhttp://ime.nu/ziro.no-ip.org/archive/2ch/0000012863.html
陰謀論者は必然的に敵味方二元論に陥り、たとえ善意の忠告であろうとも敵対勢力からの攻撃と
思い込む傾向があると指摘したが、主観しかなく客観視ができので、物事を俯瞰して思考できないのです。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <知識と判断力は比例するのだ。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/24 16:50 ID:B7ZjCnxe
最近ではナチスの犯罪までも否定する立場を表明するにいたりましたが、科学的な姿勢で詳細に検証し
自分で問題提起するのならまだしも、今回の彼の根拠も西岡昌紀の著書「ガス室の真実」を読んだからというものだった。
http://snsi-j.org/boards/past.cgi?room=undefine&mode=find&word=%C0%BE%B2%AC%BE%BB%B5%AA&cond=AND&view=30
[4252] 「4249」のナチ「ガス室」は無かった の1755番君へ 投稿者:副島隆彦 投稿日:2004/01/16(Fri) 13:31:04
>副島隆彦です。
>私たちの会員の1755番君が載せてくれた、下 ↓の「4249」の西岡昌紀氏の、『ナチ「ガス室」は無かった」論と本は、私も持っています。
>私は、西岡医師を全面的に支持しています。ずっと支持していました。
>現在も続いている彼の孤軍奮闘の様子は、それとなく出版社の編集者たちか聞いていました。
>なんとか、この「学問道場」サイトでも彼を支援したいと思います。いい案があったら教えて下さい。
>あるいは、私が忙しいので、連絡先も分かりませんので、どなかた西岡氏と連絡を取ってくれませんか。
>私たちも無力であり、たいしてお役にたてないですが、何かをしたいと思います。
>真実の言論のために、本気で闘う人間は、すべて団結しなければいけません。
>それから、「4250」のエイズの米軍による謀略の情報を、追加で貼り付けてくれた2003番君へ。どうもありがとう。
>早速、ぼやきの「521」番のうしろに追加で載せます。
>本気で闘うということが大事です。少しでも邪魔する者たちは、すべて敵です。
http://www.nsjap.com/marco/marco0.html
副島は西岡昌紀の主張に同意しない者は全て敵だと宣言してますが、これはユダヤ全体を敵視する宣言だと
ユダヤ人に受け止められかねません。
優秀な人物からの支持なら説得力も増すが、副島のようにわめくだけの者に支持されると
ほめ殺しと同じ効果が生じるから、西岡昌紀にとっても副島の支持表明は迷惑だろう。
副島が西岡の名を持ち出しながら、出鱈目な解釈でアポロ発言同様のヒステリックでいい加減な言動を繰り返したならば
西岡説の社会的信用は地に落ち、致命的なダメージを受けるであろう。まさにホメ殺しである。
副島はババ抜きのジョーカーのような存在で、味方についた方が負けるのだ。


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/24 16:51 ID:B7ZjCnxe
西岡昌紀の論旨核心部は「ナチスの強制収容所は強制移住させるための施設でありガス室など無く
ガス殺も大量虐殺を企てたことも無い」だが、この主張では論旨が支えきれないように思える。
勿論、ユダヤ人の大量死があったことは西岡も認めており、ユダヤ人に対する迫害なども認めていて
ガス殺に限定して否定しているのだが、ナチスに殺害意図すら無かったと主張するのは無理があるように思える。
彼の説ではユダヤ人の大量死は偶発的な事故死である、と受け止めらねかねない記述で読者によっては
誤解しかねない記述なのが気になります。それに論旨の大量虐殺の意図もなかったとの主張は本当だろうか?
強制移住のためだというのは無理筋っぽい気もします。詳しいことはよくわかりませんが。
あと殺害と絶滅という言葉を同著では異なる意味に使っているのも気になる、当時のドイツでは同じ意味で使われていたんじゃないのかな。

収容所での死因については病死や餓死などもあったろうし、ガス殺に限定するべきではないと思うが
状況証拠を挙げ死因について諸説あろうとも、物的証拠である大量のユダヤ人の死体があり、たとえ病死であったと仮定しても
「大勢のユダヤ人が死んだ」という疑いようが無い事実も持って、ナチスに対する批判は免れないと思うけどな。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <よーわかりませんが。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/24 17:07 ID:B7ZjCnxe
俺としては空想的な主観ではなく、科学的な態度でデータを分析し詳細な根拠が提示されるのならば
いかなる説も問題提起として議論の対象としてよい、と考えているけどね。
研究すること自体を否定するのは、科学的態度とはいえないと思う。

副島のように「自分の考えに同意しないものは、すべて敵である」というような、ファッショ体質は最低だよ。
どのような意見であれ、反対論者を敵視するのはファシズムであるといえる。反対論者は自説の弱点を指摘し
持論を修正強化する有難い助言者だと、前向きに考えられないもんかね。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <
 (つ旦と)  
  と_)_) 

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/25 16:42 ID:cVgNxhz4
日本の捕虜収容所から逃げ出した人が発見したんだっけ?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/29 15:27 ID:0e6rfsZm
西岡本は、米国の歴史修正研究所(Institute for Historical Review)の
多大な影響を受けているのは判っているのだが、この団体については前スレの365〜368で
関係リンクを紹介しているので、興味がある人は見てみればいい。
ナチスの行為について、強制移住か殺害意図があったかの論争はここで詳しく論争されています。
http://village.infoweb.ne.jp/~fwjh7128/genron/holocaust/stove331.htm
これら歴史問題は大変難解で、一次資料を詳しく読み込み深く研究している人でないと
とても論争に参加することはできないでしょう。
副島も身の程をわきまえて、この問題に言及するのはやめたほうがいい。肯定派否定派双方に迷惑がかかる。
史料を読まずに発言できるほど、歴史問題は甘くないのだ。しかし、副島のことだから
全く勉強せずに、ただ西岡本を読んだだけで全て判った気になり、出鱈目な解釈で妄言を吐き散らかすかもしれない。
いままでの軽薄な言動を見ても、副島は全ての分野において研究した形跡がないが、この分野でも全く勉強してないはずだ。
再度忠告しておくが、このような深刻な問題は歴史本を読んだだけではだめなのだ。一次資料を研究する力量がなければ
歴史問題の論争に参加できないのだ。もちろん、ドイツ語を習得するのは必須である。副島にその力量があるのか?

俺はこの問題の概略を知ってはいても、専門的に研究したことはないから論争に参加する気はないが
もしどうしてもこの論争に参加したいのなら、すくなくとも論争中に提示された文献は読んでなければお話になりません。
このサイトで西村説の論争が詳しく公開されているので読んでみればいいでしょう。
これは最低限の論争参加資格で最低限のマナーです。
http://village.infoweb.ne.jp/~fwjh7128/genron/holocaust/holocaust.htm
 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < 副島は今からホロコーストについて勉強を始めるそうだよ。
 (つ旦と)  
  と_)_) 

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/29 15:29 ID:0e6rfsZm
やぁ、同志! ! ぼくの名前は太田龍! 日本一の陰謀論者さ。
僕に私淑する副島隆彦同志もユダヤ悪魔主義と戦うと宣言したからな!

おのれ〜〜!! 「悪魔主義者」め!!俺の世界政治思想理解に同意しないやつは悪魔主義の手先だからな!
商売として「頭の悪い読書人層を騙して金を巻き上げてやろう」と考えてなにが悪いにょ 
朝日新聞の皮をかぶったグローバリストの巧妙な手先たち、即ち、悪魔主義のような人たち
この悪魔主義者たちからの攻撃を予め撃退するために、書いて書いて闘い抜くのだ!

ユダヤ悪魔教と戦うために、日本防衛の思想戦士を育成するyo
すごく脈絡のない厨房口ゲンカ殺法で、最凶のディベーターを育成するyo

これから本当の日本防衛の闘いが始まるyo、ぁゃιぃ表現がシュールでウマーな激しい覚醒を起こして行動を始めるyo
さぁ君も僕たちと一緒に悪魔教を討て!!副島隆彦同志の世界基準な知性を知るがいい!!
君もシリウス星人から地球人を守るのだ!!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧_∧ 
     目(・∀・ ) <副島同志と共にユダヤ悪魔主義と戦うからな
     | (    )  いまから副島同志がユダヤの秘密を暴露するよ!
   | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\
   | 太田龍 |   |

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/29 15:30 ID:0e6rfsZm
ホロコーストような深刻で重大な歴史問題を、このスレでネタにするのはこれ以上やめておこう。
これら歴史問題はあまりにも深刻で、とても重すぎる話題だから、とても笑えないのだ。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < コーヒーのもー
 (つ旦と)  
  と_)_) 

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/01 13:52 ID:9u04sntc
俺がエルンスト・ツンデルの名を知ったのは、UFO研究家としてであったのだが
彼がネオナチ活動家でフレドリック・クリストホフ(Friedrich Christhof)というペンネームで
「我々が愛したヒトラー、その理由」という本を書いている歴史修正主義活動家だと知ったのは
ずいぶん後になってからだった。「大ホロコースト裁判」という本によるとツンデルの本名は
エルンスト・フレドリック・クリストホフ・ツンデルというらしい。

ツンデルのUFO説によると、地球内部は空洞で、そこにはナチの秘密基地があり
UFOは宇宙人の乗り物なではなくて、ナチの秘密兵器で、南極にある秘密の穴を通って
地球の内側から飛来してくるのだそうだ。

もちろんこれらの事実は、ホロコースト否定論者の木村愛二や西岡昌紀も承知しているのだが
彼らがネオナチとの関係を頑なに否定するのはいただけない。
しかし、俺が興味があるのはネオナチ活動家としてのツンデルではなく
UFO研究家としてのツンデルの方なんだけどね。

関連リンク
http://www.ss.iij4u.or.jp/~mitaka/nizkor/66qa62.txt
http://www.ss.iij4u.or.jp/~mitaka/reizoko/gas001.htm
http://village.infoweb.ne.jp/~fwjh7128/genron/holocaust/round2.htm

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <俺が興味があるのはUFO研究家としてのツンデルの方だよ
 (つ旦と)  
  と_)_) 

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 17:00 ID:6mbbi/pw
今日のぼやき「529」より

副島隆彦です。  今日は、2004年2月2日です。

「人類月面着陸」問題については、私は、追撃します。
どうやら、火星に着陸したというNASAの探査機「スピリッツ」もおかしい。
3500万キロものかなたにまで行って、そして「大気」(があるそうだ。笑い)に中を激しく落下して軟着陸したそうだが、
それであんなに玩具(おもちゃ)のようにきれいな新品の機械なのですか。
火星の空が赤かったり青かったり、おかしな発表をNASAは、繰り返しています。
そんなにしてまで、連邦議会から予算(資金)を取らないと済まないのですかね。
これは、もう暴走だ。巨大組織ほど、暴走すると止まらなくなる。
35年前の大嘘(1969年から1972年までのアポロ=飛行士の月面着陸 計画)が出発点となって破局までゆくのでしょう。
私は、すべての事態をしっかりと見届けます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
                 , ─ヽ
________    /,/\ヾ\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|__|__|__|_   __((´∀`\ )< というお話だったのサ
|_|__|__|__ /ノへゝ/'''  )ヽ  \_________
||__|        | | \´-`) / 丿/
|_|_| 从.从从  | \__ ̄ ̄⊂|丿/
|__|| 从人人从. | /\__/::::::|||
|_|_|///ヽヾ\  /   ::::::::::::ゝ/||
────────(~〜ヽ::::::::::::|/        = 完 =

いままでのトンデモ発言がまるで走馬灯のように…
今日のぼやき目次
http://snsi-j.org/boyakif/index.html

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 17:02 ID:6mbbi/pw
ふむふむ。もう何もいうことはありません。完全に愛想がつきました。
実は半年ぐらい前から、2ちゃんの副島スレを見ることすらなくなっていたのだが
俺の中ではもう完全に副島隆彦という人物について、興味の対象から外れてしまいました。
もうどーでもいいです。彼がアポロ本を出版することを楽しみにしてますが。

副島の暴走は止まることは無く、アポロ発言が出発点となって破局までゆくのでしょうが
俺には、暴走機関車と化した副島のすべての事態を、しっかりと見届けようとする意欲はありません。
もう勝手にしてください。興味の対象にもなりません。

カントによれば、経験(感性)から離れた考察を行なう理性は妄想を生むだけである。
と語っているのだが……至言である。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <俺が副島を批判するのは、今日で最後になるかもしれない。
 (つ旦と)  
  と_)_) 

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 17:21 ID:6mbbi/pw
アポロ否定論者の主張には、自己論駁性が認められます。
「NASAに説明を要求する。しかし、私はNASAの説明はまったく信じない」
これが彼らの主張ですが、この命題を一般化するとこうなります。

「Pである。しかし、私はPを信じない」
ここまで丁寧に説明すれば判るでしょう、彼らの主張は有名なムーアのパラドクスに陥っているのです。

正しくは「私はNASAの説明はまったく信じない。したがって、NASAに説明を求めることも無い」
とならなければ、論理的整合性が取れないのです。
彼らはNASAの見解を否定し、一切の説明を信じなと完全不信の立場を自発的に表明し
第三者に自らの立場を明示しているからです。
http://global197-165.aitai.ne.jp/jalop/japanese/ronbun/2001/oguchi1.html
 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <さようなら、副島先生。
 (つ旦と)  
  と_)_) 

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 17:01 ID:DJZ4oCuW
トンデモ論側にいる人の中に、「懐疑派」を名乗る人がいて一般的な辞書で普通名詞を引用しながら
懐疑という言葉を、トンデモ側が使用してもよいと強弁するようすを見かけるのだが
これら「懐疑派」を自称するトンデモ論者の認識は、辞書の引き方も知らない者の妄言といえましょう。
彼らの用法は間違いで、普通名詞の「懐疑」ではなく、この言葉は哲学用語なのです。
彼らの認識の過ちを指摘し、懐疑主義の系譜を改めて述べておこう。
http://members.jcom.home.ne.jp/histsci/Scepticism.html
古代懐疑論者ピュロンが独断論を批判し、ドグマティズム(教義哲学、教条主義)批判をしたのが始まりで
セクストス・エンペイリコスが懐疑論を紹介して以来、哲学の潮流に多大の影響を与え
後にヒュームがスコラ哲学を激しく批判したのも懐疑主義の表れですし、古代懐疑論との関連性が希薄な
論理実証主義が観念論を否定し、形而上学的ドグマティズムに対抗していったのも、検証主義的に
結論が出る事柄と出ない事柄とを、論理によって峻別しようとした試みや、検証を重んじ次々と根拠を求めるのも
疑似命題をエポケーしようとした動機も、懐疑主義の影響の一面を表しているといえましょう。

ヒュームが懐疑主義を、先行的懐疑、結果的懐疑、穏健な懐疑、過度の懐疑の四つの類型に分けたけども
パラドクスとして問題視されているのは、ヒュームにして狂信的な懐疑といわしめた、過度の懐疑を
想定してのことで、現実社会にはこのような狂信的で過度の懐疑に陥っている人はいないでしょう。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 17:03 ID:DJZ4oCuW

http://wwwhs.cias.osakafu-u.ac.jp/~yosyam/skepar.html
http://www.info.human.nagoya-u.ac.jp/~iseda/works/kkthesis.html
これは、懐疑主義の概念全体像を無視して、論理学上の極端で実験的な命題を立てたことからくるもので
そもそも、ミュンヒハウゼンのトリレンマとは、論理的諸命題を確固たる根拠に還元しようとするさいに
発生するものです。ラッセルがいうように穏健な意味として捕らえておけば、自己論駁性は回避でき
極端で悪質な懐疑主義すなわち、全てを疑い何も信じない不信の闇から救済する手立てとして、
また、カントにして「ヒュームによって私は独断のまどろみから救われた」と言わしめたヒュームの哲学、
英国経験論が役に立つのです。英国経験論のいう感覚という言葉の意味は
「人が疑いなく備えている感覚」=「五感」のみを想定していて「真理を直観する感覚」などという
超自然的な感覚を否定しています。ヴォルフガング・シュテークミュラー が
「今日の科学理論家たちは基本的にカントではなく、ヒュームのほうが正しいと考えている」と
語ったのも興味深い。

俺としては、不可知論と同一視する批判にも違和感を感じています。懐疑主義における判断保留とは
直ちに思考停止を意味するものではなく、確実性を疑うというより懐疑することで独断的認識を批判し
確実性の基盤を固め、思索を続ける態度を失わずに確実性に達するための思索態度であると思えるからです。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 17:03 ID:DJZ4oCuW
ラッセルやザイマンなどに触れることで、懐疑主義の多様な広がりを知しれば
ひとつの命題で言い表せるほど単純なものではないということが判ります。
懐疑主義は修正を加えられつつ発展継承していき多様な広がりを見せ、露骨に表面化しなくとも
たとえ部分的であっても他の思想に取り入れられ溶け込み、哲学の基礎を与えた思想の一つといえましょう。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/KAIDAI12.HTM
哲学史を踏まえれば、懐疑主義者がオカルトや陰謀論に批判的になるのは当然の帰結といえます。
したがって、トンデモ側にいる人々が「懐疑派」を自称することは哲学史を踏まえない暴言であり
許されないことなのです。
空想的に飛躍し、断定するに値する根拠も無く十分な検証を怠ったままで独断的に断定する
陰謀論者の思考とも相容れません。

現在の懐疑論者と古代懐疑論者(ピュロン主義)とは同一概念ではありませんが
現在では懐疑論者を自称する人々は、オカルト批判する一群に限定されて用いられ、これらの実態を踏まえて
俺は前スレの504で「超常現象などの主張に対して懐疑的な人」の意味であると述べたのです。
もちろん、古代から繋がる哲学上の系譜を踏まえた上での発言です。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < 懐疑主義とは直接関係が無いがアンダーソンの講演も
 (つ旦と)   科学的思考について参考になること言っていると思う。
  と_)_) 
アンダーソンの講演「多は異なり 再考」
http://physics.s.chiba-u.ac.jp/ohtal/no1254.pdf


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/14 15:08 ID:q4cUl8ZB
前回投稿でザイマンの公演をリンクするつもりだったのに、忘れてたよー つд`)
改めてリンクしておこう。
http://www.ristex.jp/forum/intllec01.pdf
俺としては、ザイマンのいう系統的懐疑主義(organized skepticism)は
好感を持って受け止めているんだ。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <
 (つ旦と)  
  と_)_) 


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 12:30 ID:ip5YIxRf
今日のぼやき「533」より 

副島隆彦です。  今日は、2004年2月17日です。

私、副島隆彦が、日本の国家戦略家として登場したことの意味をみんなもっと本気で受け止めてほしい。
私は、今、ルメイとの対決の思想を生み出そうとして苦闘しているのです。
ルメイこそは、私たちが、超えて行かなければならない思想的な敵だ。

ついでに言うなら、ルメイの弟子の、バンデンバーグ将軍が、
何とか、月の表面に飛行物体を軟着陸させようとして、各種の円盤状の飛行物体を開発して、
ネバダ州の砂漠に巨大な飛行場を建設して、実験を繰り返した。
それが、後になって、UFO(未確認飛行物体)として騒がれるようになったものの正体である。
すべての話はつながっているのである。

副島隆彦拝
      | Hit!!
      |
      |
   ぱくっ|
     /V\
    /◎;;;,;,,,,ヽそんなエサで
 _ ム::::(,,゚Д゚)::| この僕が釣られるとでも思っているの!! クスクス
ヽツ.(ノ:::::::::.:::::.:..|)
  ヾソ:::::::::::::::::.:ノ
   ` ー U'"U'

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 12:34 ID:ip5YIxRf
http://snsi-j.org/boards/past.cgi?room=takano&mode=find&word=%BA%DA%CD%FC++UFO&cond=AND&view=30
副島氏の「ぼやき」に、航空史とUFO史をほんのちょっとでもかじっていたら絶対に書けないはず
の間違いがあったので指摘しておきます。
>ついでに言うなら、ルメイの弟子の、バンデンバーグ将軍が、何とか、月の表面
>に飛行物体を軟着陸させようとして、各種の円盤状の飛行物体を開発して、ネ
>バダ州の砂漠に巨大な飛行場を建設して、実験を繰り返した。それが、後にな
>って、UFO(未確認飛行物体)として騒がれるようになったものの正体である。

米軍はいくつかの円盤状航空機を実際に製作していますが、これらは月着陸計画とはまったく
関係ないことは、当時の航空機について詳しいマニアなら 常 識 のレベルの話です。

そもそも、近代UFO史の始まりとされるケネス・アーノルド事件が起きたのは1947年6月24日です。
UFOについて何かしら語るなら、日付はともかく年号など間違いようがないほど有名な年である
ことはいうまでもありません。

一方、アメリカ合衆国が月に向かうことを宣言したケネディ大統領の演説は1961年5月25日。
……それぞれの年を見ればわかる通り、UFO騒ぎは、月着陸のための実施計画が行われる
ずっと昔から起きているんですが。
三大古典UFO事件として知られるマンテル大尉事件、チャイルズ−ウィッティド事件、ゴーマン
少尉事件にしても1948年のUFO関連事件です。
そしてバンデンバーグ将軍はちょうどその当時の空軍参謀総長でもあります。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 12:36 ID:ip5YIxRf
月着陸計画なぞ、まだ影も形もなかった1940年代後半に、誰が月着陸を目指した「円盤状の
飛行物体」を作らせる必要があるんでしょうか。バンデンバーグ将軍が月着陸用宇宙機の製作を
指示していたという資料がどこにありますか? ぜひお示し頂きたいところです。
そしてアメリカ初の人工衛星・エクスプローラー1が軌道に乗るのはさらにその10年後です。

なお、ネバダ州に作られた飛行場から発着した新型航空機がUFOと騒がれた有名な事例は確か
に存在します。
後に非常に有名になる高々度戦略偵察機、U-2ですね。
現在はエリア51としてUFOビリーバーの心の拠り所となっているグルームレイク(別名ドリーム
ランド)飛行場が設営されたのが1955年7月です。その翌月には工場から搬入・組み立てられた
U-2がここで初飛行を行いました。

その後U-2の増産および飛行要員の養成が本格化する60年代に入ると、夕方遅くに夕日を反射
してきらきらと輝きながら、当時の旅客機などの巡航高度を大幅に上まわる20,000m以上もの
高々度をゆったりと飛行するU-2がUFOと誤認される事例が続発することになります。
まあ、これにしても月着陸計画とは関係ないことはいうまでもないのですが。

そして何より、「円盤状航空機」であるが故にUFOと誤認されたというケース自体がほとんど存在
していないということも指摘しておくべきでしょう。


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 12:37 ID:ip5YIxRf
1947年7月8日にミューロック飛行場(現在はテストフライトセンターとして有名なエドワーズ空軍
基地の前身です)上空でUFOが目撃される事件があった際、その原因調査の過程で、現在では
もっとも有名な円盤状航空機、米海軍のXF5U-1”フライング・パンケーキ”がその正体ではない
かと疑われたことがあります。
しかし、XF5U-1はその時点ですでに計画が放棄され、解体されていました。
もちろん、XF5U-1はただの航空機であって宇宙機ではありませんし、海軍の計画なのでバンデ
ンバーグ将軍指揮下で作られたものではありません(空軍は陸軍航空隊から派生していますし)。
XF5U-1については、メーカーのサイトを挙げておきます。
http://www.vought.com/heritage/products/html/xf5u-1.html

有名なケースとしては、これぐらいのものです。
何しろ、円盤状航空機自体がアメリカでも超のつくマイナー航空機ばかりなのですから。


せめて、最低限のUFO史と航空史、そしてアポロ計画の時系列ぐらいはお調べになってから
「ぼやき」をお書きになるべきではないかと愚考しますが。


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 16:01 ID:ylsDXYUk
以前もう副島に興味がないといったが、これは本心で本当にどうでもいいやつだと思っているんだ。
べつに副島に恨みも憎しみもないのだが、科学に関することで明らかに間違いだといえる発言はいただけない。
おそらく弟子たちも政治に限定した評論家に戻ってほしいと願っているに違いない。
俺としても副島が政治評論家に徹するのなら、これ以上批判する気もないのだけどね。
彼がUFOが宇宙人の乗り物ではなく、人間が開発したものであると述べたことは褒めてやりたいが
月面着陸のためといったのは明らかな間違いです、円盤型航空機は原理的に宇宙では飛行できない設計となっているのだ。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < 人間が開発した円盤型航空機はあった。しかしその機体で宇宙にはいけないよ。
 (つ旦と)  
  と_)_) 

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 16:02 ID:ylsDXYUk
円盤型航空機の原点はナチスにあり、このような円形の主翼を持つ機体を全翼機と呼び
アルグスAS10C-3というレシプロエンジンを搭載した、SackAS6がその魁といえるだろう。
そのほかの円盤状の機体を持つものとしては、オートジャイロの開発も進められたと伝えられます。

BMW社では1943年8月から開発に着手したとされている。BMWフリューゲラート、タイプ1Vr1から
ハインケルHeSO11エンジン二基搭載のフリューゲラートVまで開発を進め実用化を目指したとされる。

翼端ヘリのようなVTOL機ヘンリ・コアンダ・エアロダインという機体もある。円盤状の機体に
12機のジェットエンジンを放射線状に搭載し、ジェット噴流を下方に向けることができる可変ノズルを用い
機体を浮かせる設計だ。
http://www.luftarchiv.info/flugscheiben/joseph.htm
オメガディスクは巨大な翼端ローターと、胴体内臓の8つのローターで揚力を得る仕組みで
メインローターはパブストのパブルジェットエンジン2機搭載で、8機のレシプロエンジンは
アルグスAS8Aだとされている。

資料を見る限りとても飛んだとは思えないのだが、開発しようとする意欲はあったのだろう
オートジャイロ型の円盤機は、設計段階でボツにされたものも多いのではなかろうか。
確実に飛んだといえるものは、SackAS6ぐらいなものだろう。
http://www.luftarchiv.info/flugscheiben/sack.htm

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 16:04 ID:ylsDXYUk
その後、紆余曲折を経て最終的には、B-2ステルス爆撃機の開発へと結実していくこととなる。
http://www.luftarchiv.info/flugscheiben/o_worte.htm
http://www.luftarchiv.info/flugscheiben/o_worte_2.htm
ナチスの円盤型航空機の写真をよく見かけるのだが、戦車の砲塔をつけたものなど
捏造したことが明らかな合成写真が多数出回っていたりするので注意しましょう。
また、オタク風情などではなく学問的態度の専門家による真摯な研究で、資料の真贋が判明するまで
これらの資料の記述を鵜呑みにするのもやめたほうがいいでしょう。
オカルトオタクの連中ではドイツ語が読めないだろうから安心してリンクできるのだが
今回紹介したサイトの記述は鵜呑みにしないほうがよい、しかしここで紹介されている写真はまともだ。
(このサイト内には一部に変なのがまじっているが)

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < オタは独断しないようにな
 (つ旦と)  
  と_)_) 

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 14:52 ID:hhOC6puS
悪魔と対決するときメリン神父がカラス神父に言いますなぁ。
悪魔はそこには居ないのに、そこにいるように見える。
悪魔はお前に話すように語るが、お前に話しているのではない。
悪魔は光と影の間に存在する。
これは何かと思うたら、映画ですな。
悪魔のとこ映画に置き換えるとようわかりますなぁ。
最後にメリン神父が言いますな。
悪魔を信じるな。
これは、この映画を信じるないうことですな。
ということで、この映画観て「悪魔怖いナー」思うたひとは
映画いう悪魔に憑かれたいうことですな。

と、映画公開当時に淀川長治さんが言うてました。
では、さいならさいなら さいなら

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < 悪魔のとこ2ちゃんねるに置き換えるとようわかりますなぁ。
 (つ旦と)  
  と_)_) 

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/29 16:48 ID:fDGguZAO


       ∧_∧ 
     目(・∀・ ) <hosyu
     | (    ) 
   | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\
   | 太田龍 |   |


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 15:54 ID:JRsKdl+/
俺の立場を改めて書いておこう。オカルトや陰謀論を批判するが研究すること自体を否定してはいない。
徹頭徹尾、正統科学に準じた実験方法ならば研究してよいと考えている。
神秘主義についても哲学研究には欠かせない要素と考えているぐらいであるから
いわゆる、唯物論者ではない。

オカルト研究などを否定するのではなく、もっと真面目にやってくれという立場なのだ。
俺は現在、超常現象といわれている現象でも、正統科学で解明できると考えている。
ただし、非科学的手法による観測・実験・論理など疑似科学は絶対に認めないとする立場である。

このスレで副島を批判してきたのも、彼の研究方法が空想的であり
疑似科学的手法を用いているからなのだ。社会科学的見地からみても
彼の方法はおかしい。いったいウェーバーからなにを学んだのだろう
社会学における科学的分析手法を理解することが、ウェーバーから学ぶ核心部だというのに。
本当に彼はウェーバーを理解しているのだろうか。
どーでもいいことですが。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < マ、マターリだね!
 (つ旦と)  
  と_)_) 

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 16:00 ID:JRsKdl+/
2ちゃんには様々な人がいますなー。
どーでもいいですが、他者にレス貰うことだけを目的にした
「カマッテ君」ほどウザイ存在はないですな。
本人は「釣りをしてる」と、うそぶくものの、その実態は関心を引くために
バカバカしい行為に及ぶのですな。うっとうしいですな。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < どーもいいことですが
 (つ旦と)  
  と_)_) 

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 15:39 ID:qKG/suXp
それにしても科学の進歩は止まることを知りませんな。どこまでハテーンするのでしょうか。
霊魂が実在すると仮定した場合、その魂の実在を証明するのは困難でも、人為的に生み出すに至りましたな。

現代科学はクローン人間を製造することまで可能としましたが、人間を作り出すということは
魂までも人間が作り出すことが可能ということですな。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < どーもいいことですが
 (つ旦と)  
  と_)_) 

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 17:07 ID:Q2qyR9iV
作家や漫画家などのエンターテイナーは、読者を楽しませるのが仕事だから
論旨が飛躍気味でも許されるし、結論の当否を問題視するべきではないだろう。
アカシックの佐々木もエンターテイナーであるので、俺は彼を陰謀論者と批判することはない。
映画やスポーツなどの娯楽産業を地政学と絡めて語ったのは、なかなか面白い視点だった。
http://www.akashic-record.com/y2004/oscar.html
彼に不快感を感じないのは、真実という言葉を安易に使わない点にある。
真実という言葉は重い言葉だ。軽々しくつかっていい言葉ではないし
根拠薄弱な空想的放言や確証がない憶測などに、この言葉を使ってはならないだろう。
真実とは絶対に間違いがない認識、といえる事象について使う言葉で
うそを取り除いた真の事象認識を指す言葉だからだ。

佐々木のよい点は予測であるとした上で、論拠を示し結論に至る思考過程を明らかにしているところで
その論の是非はともかく、独自の視点の一つと冷静に受け止めることができる。
これと反対なのが副島で、根拠薄弱で裏づけのない空想的放言であるのに
真実と強弁し、十分な妥当性を論証により明示しないまま断言してしまう点に猛烈な不快感を感じてしまう。
真実という言葉を使うからには、確証がなくてはならないのだ。

佐々木が地政学をよく勉強しているのは理解できるのだが、それならば何故地経学という言葉が
出てこないのだろう。イラク戦争当時に、ドルとユーロの基軸通貨の争いだと指摘したからには
地経学について学んでいるはずだ。何故この言葉をかたくなに避けるのか腑に落ちない。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 17:07 ID:Q2qyR9iV
よくネット上で悪質な学歴コンプレックスに陥った者による
アカデミズム批判などを耳にすることがあるが、そのような者達は学術機関の情報収集力の高さを
知らないのだろう。国家の肝いりで作られたシンクタンクは数々あるが
海外学術調査総括班でも「旧ソ連南部諸国をめぐる地経学と日本外交の可能性」と題する論考が
発表されているし、また、山本武彦教授が地経学について語るなど、国際政治を考察する際に
地経学を考慮する傾向が出てきたようだ。
http://www.aa.tufs.ac.jp/~gisr/index.htm
最近の地経学への注目が地政学への再評価に繋がっているのではないかと思う。
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/160201.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/160208.htm
http://www.yorozubp.com/0312/031210.htm
http://www.akihiro-ohta.com/databank/column/heiwa/1052451991.html
http://classes.web.waseda.ac.jp/z-yamatake01/e-2.html
http://www.takemasa.org/speaks/talk.htm
 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <
 (つ旦と)  
  と_)_) 

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 13:01 ID:Xf+97L/Q
佐々木のマサチューセッツ工科大学の理解は正しい。
そもそもアカデミーとはプラトンが創設したアカデメイアに由来し
古来より西洋諸国において、一国の知性の粋を集めて作った指導的団体のことだ。
本来アカデミーは政治の指導機関である。
http://www.akashic-record.com/mit-s.html
ユタ大学の理解も正しい。
CIA、FBI、国防省情報部にはモルモン教徒が多いのも事実である。
http://www.akashic-record.com/utah.html
佐々木はエンターテイナーであるので、論旨が飛躍気味でも許されると思うが
しかし、最近の扇動的な論述はいただけない。
世論誘導を目的とするような論述はよくない。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <佐々木は初心にかえるべし
 (つ旦と)  空想科学的シミュレーションを趣向すべし
  と_)_) 

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 13:29 ID:B3WNJBA8
いつの間にか新すれ進行おめ。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 13:49 ID:BTl8i9Vg
>>68

    ⊂⊃   .☆.。.:*・゜
(\ ∧_∧ /
(ヾ ( ・∀・)/<このレスに出会ったあなたは超ラッキー。
''// ( つ ● つ
(/(/ ___|″ 
   し′し′ 

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 13:22 ID:EgbWs6YW
ヴェーダ数学の解法はオモロイね。
このような四則計算法が古代からあったのなら
結構高度な数論を展開してた可能性がある。

高度な数論は高度な哲学理論を作り出すのに欠かせない要素であるから
古代インドで理論宗教がハテーンしたのも理解できるよ。
古来より西洋諸国においても神学者・数学者・哲学者は三位一体であって
三位はすべて本質(ウーシア)において同一であり、この三つをもつ実体であるのだ。

多様な解法を知ることは、創造性・柔軟性を養うのに重要で知的鍛錬になると思うが
しかし、どーもいいがヴェーダ数学は検算しなければならない点がメンドクセーyo。
http://www.vedicmaths.org/Group%20Files/tutorial/tutorial.asp
http://www.vedicmaths.com/
http://vedmaths.tripod.com/lessons.htm
http://www1.ics.uci.edu/~rgupta/vedic.html
http://www.hinduism.co.za/vedic.htm
http://www.indolink.com/Forum/Arts-Culture/messages/896.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧_∧ 
     目(・∀・ ) <doctrine of Trinity
     | (    ) 
   | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\
   | 太田龍 |   |

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 14:08 ID:EgbWs6YW

\_   <_   _/
  \  / /
   .├╋┤ ビビビ
     .|
   ∧_∧  
  (; ・∀・) <  ここがボク達の新しい世界だね…マジで? ニヤニヤニヤ
  (     つ
  | | |
  (__)_)

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/26 12:03 ID:YEXWnsm3
神の存在の証明。簡単に証明できるって考え方もある。

神の証明は一般的な数秘術の考え方に従えば、
0は無、1は神、と定義することが多い。
1の存在証明はたやすい。

空集合公理:∃x∀y¬(y∈x)
により、空集合φが存在する。これを0とする。

無限(集合)公理:∃x(φ∈x∧∀y(y∈x→y∪{y}∈x))
により、集合{φ}が存在する。これを1とする。

ゆえに神は存在する。Q.E.D.

その点、神学者がカントールに惹かれる理由も分かる。
「巨大な無限集合」として神を再定義しちゃうぞ〜なんてことも可能。
通常の数学で扱う範囲を大きく逸脱しているし、
「神」と呼んで良いくらい人智を超越しまくってるからね。

もう少し噛み砕いていうと、
0→1の段階で「神の偉大な創造(光あれ!)」が行われたわけね。
1→2。2は罪であると一般的にいわれている。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   ニヤニヤ
 ( ・∀・) < これぢゃつまんない?
 (つ旦と)  
  と_)_) 

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/03 01:22 ID:sgPvmHQU
龍たんの華人文明世界に対する評価も微妙ですね。局所的に胡蘭成という人の思索を
賞賛したり、一方で「チャイニーズ・カニバリズム」を批判したり。 

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/05 13:21 ID:oYGk0Cjp
>>73

胡蘭成といえば王兆銘内閣の高官ですな。
そののちに李鴻章の曾孫に当たる張愛玲とケコーンしてた人ですな。

儒教の世界観に宇宙生成の神秘主義理論を持ち込み
朱子学に繋がる儒教の神秘主義的基礎は易経に求められるが
胡蘭成の思想は易経を根本としつつ、変法自強運動が影響してますな。
変法自強運動の康有為は、晩年に儒教をキリスト教に対抗できる宗教に
改革しようとしたが、実現しなかったのだ。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <
 (つ旦と)  
  と_)_) 

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 16:03 ID:C6o+TyrO
西欧で科学が発展していったのは、キリスト教が教義の枠組を前提としつつも
自然法則の探求を神学的解釈で肯定したのが影響している。

自然法則が神の律法であると定義すれば、自然法則は神の福音であり
神の啓示であるゆえに、合理的な人為の推論による主観的理解は否定され
思弁的方法で主観的解釈を介さない、客観的な理性によって真理探求し
客観観察と客観検証によって、人間が発見獲得する知識のことであると再定義できるだろう。 
客観視とは人的主観を排除し神の視座に立つことであるから、合理的な人為の推論は否定されるが
観察と検証を否定する原理主義は、人為よる主観的解釈にとらわれているので異端である。

発明と発見を混同してはいけない。発明は人為の創造テクノロジーであり
発見は人類以前から存在する法則の獲得でサイエンスのことである。
発見は人為の創造ではなく獲得である。



76 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 16:04 ID:C6o+TyrO
キリスト教の教義の枠組を前提に自然法則の探求を神学的にいうと
神学の目的は宇宙の根本原理の発見にあったが、この真理探求法は科学でしかなしえない。
自然法則の解明は数学でしかなしえない。数学は神の言葉であり神の律法なのである。

初めに言葉あり。言葉は神と共にあり。言葉は神であった。
万物は言葉によって成った。成ったもので、言葉によらずに成ったものは何一つなかった。
自然法則を純粋理性によって解読し、数学という普遍文法によって記述する
数学より神の栄光が反映している学問はなく、数学は神が宇宙の記述に用いた言葉である。

イスラム神学者ガザーリがギリシア哲学の方法論を学び、明晰なアリストテレス主義の説明をしてるが
中世イスラム世界で、既にアリストテレス哲学の導入がなされたイスラム神学を参照しながら
キリスト神学体系にアリストテレス哲学を取り入れたのはトマス・アクィナスである。
scienceとはラテン語の知識scientiaを意味し論理的探求を意味するので、 
科学を宗教に取り入れても良いのである。
http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/ep/cd_other_bible.html
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/1573926213/103-9131166-7000664?v=glance

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   ニヤニヤ
 ( ・∀・) <神学的解釈で科学を語るとこんなかんじだ
 (つ旦と)  これぢゃつまんない?
  と_)_) 

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 16:09 ID:C6o+TyrO
英国経験論を重んじる立場からは、大陸合理論などの思弁哲学は形而上学的空論と見える。
合理主義は空想観念の合理化のことでしかないのだが
純粋理性批判は形而上学を基礎とする超越的哲学の原理論であり
この純粋理性批判原理は、観念神学の再構築でしかないのである。
合理主義とは存在のアプリオリな認識を、合理的直観を通じて理解するが
その真理なるものの真理なるゆえんは、証明できるわけではない。
存在のよりどころを、証明できない真理を前提にして構築された妄想体系ということになり
哲学の宗教化でしかないのである。
http://www.geocities.jp/hgonzaemon/pure-critique-introduction.html

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <
 (つ旦と)  
  と_)_) 

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 16:13 ID:C6o+TyrO
合理主義はヒュームにおける「理性に反する偽なる宗教」と同じ無知と想像力の結託そのもののであるが
当時の西欧では経験に基づかない悪魔や魔女の話が熱狂的に信じられていた。
ヒュームとカントは同時代の人間だが関連文献によれば彼らがいかに
宗教的に不寛容な時代背景と時代思潮にいたのかがわかる。
Knud Haakonssen ed., Hume: Political Essays, Cambridge UP, 1994.
Shirley Robin Letwin, The Pursuit of Certainty, Liberty Fund, 1998.
David Hume, An Enquiry concerning the Principle of Morals, sec 3, part 2
David Hume, A Treatise of Human Nature (D.F. Norton & M.J. Norton ed.), Oxford Univerisy Press, 2000, p. 266. (Book 2. Chap. 3. Sec. 3)
http://www.nanzan-u.ac.jp/~okuda/writings/nichirin52.html

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <
 (つ旦と)  
  と_)_) 

79 :高級家畜:04/04/10 11:10 ID:S2J8wshp
>自然法則を純粋理性によって解読し、数学という普遍文法によって記述する
>数学より神の栄光が反映している学問はなく、数学は神が宇宙の記述に用いた言葉である。
数学ですかー。折れは数学は苦手と言うか、食わず嫌いなのかもしれんが、
ラフマニノフやJ・S・バッハみたいな音楽に流れてしまうな。聴いてるだけなら
数学みたいに自分で考えなくていいからか。何か知的な瞑想風ではある。
折れは作曲家を目指したがまるっきり駄目で、演奏家としてもまるっきり頭打ちでやめた。
西洋芸術音楽の構造性とダイレクトな純度の高い精神性は独特のもので不思議でつね。
(マクス・ウェーバーの『音楽社会学』はつまらなかったが。)
ロックなどの軽音楽の中にも結構そういう系統のマインドが在って、あなどれない。
日本的な音楽オタク馬鹿どもは嫌いだが。
シオランの『欺瞞の書』かなんか読んでいると、ロバート・ハリス(平柳進)の感覚に
少し近いものがあるように思う。彼はシオランを読めると思う。
漢学マンセーしたり、シオランを紹介したりするのは龍たんのいいところだと思ふ。


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/10 15:15 ID:17r5M3dU
>>79
それとロバート・ハリスの後に「平柳進」と書いてあるので文意がよくつかめないんだけど
BBC放送記者をした後、「ロンドン・オブザーバー」紙記者を経て、1989年「サンデー・タイムズ」紙論説主任となった
ロバート・ハリスのことかな?

音楽やっていた人ならエミール・シオランに惹かれるのも理解できるよ。
「崩壊概論」のなかで
「人間はいまや新たな時代、自己憐憫の時代の入口にたっている」
「存在が精神によって蝕まれつくされたあとの空虚、そこを占めるのが意識である」
「かくて独創性とは、ようするに形容詞の酷使と、暗喩の無理な喚起的用法に帰するわけである」
「人間が夜明けの言葉で自分のことを考える時代は、もう終わった」
「真の知とは、結局、夜の暗黒の中で目覚めているということに尽きている」
など、ニーチェ的でありますな。

音楽が楽典としてまとめられ、記譜に関する原理や規則性を理論化できたのもキリスト教のおかけでしょうな。
日本では宗教家による科学否定論が幅を利かしているが、西洋では宗教が科学を否定せず取り込むのですな。
それゆえ科学批判はしても、社会全体として科学否定論が主流にならない土壌があるわけです。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <
 (つ旦と)  
  と_)_) 

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/10 15:16 ID:17r5M3dU
もしも日本で数学は仏の真言であり解明することが大切であるとか
空海あたりが述べていれば、自力で近代化できたかもしれませんな。
高度な哲学理論を開発するためには数学が欠かせませんから。
和算はあっても計算術ですからね、算術と数学とは違います。
数論があってこそ数学ですが、この数論を創造する際に哲学的な思索となるので
偉大な哲学者が数学者でもあったのは必然ともいえます、日本では文学者や作家ごときが
哲学者のようなもてはやされ方をしてしまったのが悲劇ですね。大学の哲学科を理学部に編入しない限り
日本から優秀な思想は生まれないでしょうな。

音楽にしても絵画にしてもデジタル化しパソコンで鑑賞できるようになったけども
デジタル化するということは数学に還元し数式化するということですな。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <全世界を数学に還元し数量化することは可能でしょうな。
 (つ旦と)  
  と_)_) 


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/17 18:43 ID:3q4wd4fP
数学は哲学の基礎を与える学問であるのだが、これが理解されない限り日本から
まともな思想は生まれないかもしれないが、日本で情緒的に哲学を理解しようとする
誤った傾向が改善されない背景の一つには、文学者や作家などを哲学者であるかのような
取り上げ方をしたことが、その理解のゆがみを助長してしまったのかもしれない。

戦後日本で全共闘世代を中心として、フランス思想がもてはやされてきたけども
彼らの年代で本当の意味で構造主義を理解していた人はどの程度いたのだろうか。

構造主義はソシュールに端を発するといえども、この思想潮流を基礎付け
決定的な影響を与えたのは、ブルバキの「数学原論」だろう。
なぜなら構造主義は直接には哲学思想ではなく科学認識の方法論であり
近代的主観の解体を目指すものであるからで、主体は世界を構成する能動的中心ではなくむしろ構造の担い手であって
社会構成要素が主体から構造に移ることで、場の全体的な布置によって規定される位相論であるからです。

デカルト的コギト思考からの脱却を目指し、このコギト的思想つまり主観主義的傾向を批判し
近代性の土台を崩すことになったのだ。

林教授のブルバキの公理主義とヒルベルトの論理形式主義は大きく違い
公理論の最大の功績は「知のモジュール化による生産効率の向上」であったと指摘しつつ
Linux と同じ現象が科学の世界でも起きると語り、ヒルベルト公理論の功績であるとする話が興味深かった。
http://godel.m78.com/papers/gendaishiso.html
http://godel.m78.com/module/module.html

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/17 18:46 ID:3q4wd4fP
以前から俺が不思議だったことに、科学に対し正当な根拠を欠いた感情的な反感を抱く人々が
「科学肯定は科学信仰である」「科学は無謬であると考えている」「科学を絶対視しているに違いない」
などの発言をよく耳にすることで、これらは独善による科学否定論者の勘違いで無知に基づく誤解です。
科学否定論を説く宗教や思想が日本で語られることが多いのは、数学に対する無理解が原因でしょう。
科学知識が無い者による「科学は宗教である」などといった知ったかぶりの科学批判など噴飯ものである。
http://godel.m78.com/manifesto.htm#%95s%8A%AE%91S%90%AB%92%E8%97%9D%7F
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/SandU.htm
科学は無謬ではなく数学さえ無矛盾ではなく不完全なものであることは、科学否定論者などが言わずとも
理系人が一番よく知っていることであって、まさに恥知らずな「釈迦に説法」といえましょう。
このような者たちがゲーデル不完全性定理を、科学否定論に悪用するのは許しがたいが
順序としてゲーデルの完全性定理を理解した後に、不完全定理とカット消去定理を理解することが大切だと
強調しておいたほうがいいかもしれない。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < 科学の不確実性を一番よく知っているのは科学者自身だよ。
 (つ旦と)  
  と_)_) 


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 15:23 ID:At3E/oWq
さざ波通信というサイトがある。
これは共産党員による党内民主主義の確立を目指す人の集まりで党改革を訴える集団だ。
http://www.linkclub.or.jp/~sazan-tu/top.html
党中央が柔軟路線に転換したのは、党勢拡大を望むならば党外の支持を得なければならないという
現実的な判断があったからで、これは俺のような第三者の目から見ても正しいと思う。

分派活動を禁止しているゆえに、さざ波通信は反党分子と批判されているようだが
この硬直化した軍隊的体質や組織構造を改めない限り、共産党が無党派層を取り込むのは難しいだろう。
http://www.linkclub.or.jp/~sazan-tu/sazanami/016/a1.html
しかし、さざ波通信の目指す方向では広範な支持を得られないだろう。
共産党の社民主義化を批判し、リベラル派をも否定しているからだ。
http://www.linkclub.or.jp/~sazan-tu/doc/profile.html
共産党にひどい仕打ちを受けた元党員を擁護する論陣を張っている木村愛二が
さざなみ通信に投稿するも、削除されまくりのようだ。w
http://www.jca.apc.org/~altmedka/pro-00.html
http://www.jca.apc.org/~altmedka/pro-series.html

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < どーでもいいことですが
 (つ旦と)  
  と_)_) 

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 15:31 ID:cWfxge9D
>>83
数学が無矛盾でないことを知っている? あなたがまず不完全性定理
を勉強しなおすのが先じゃないのか?(笑)

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 16:08 ID:At3E/oWq
はぁ?
>>83で「数学さえ無矛盾ではなく不完全なものである〜」と
はっきり書いているんだけどな。
ここまで読解力が無い人がいたとは…

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < この破天荒な誤読の仕方は低質な煽りのつもりなのかな?
 (つ旦と)  
  と_)_) 

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 16:17 ID:At3E/oWq
あまりにもスレが下がりすぎていたからageて書いたんだけど
やっぱりワケワカラン人が出てくるね。w
sage進行が基本でも数週間に一回はageるつもりなのだが…
ageると頓珍漢なレスがつくね。w

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < やっぱりageるのは危険だね。
 (つ旦と)  
  と_)_) 

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 16:20 ID:At3E/oWq
>数学が無矛盾でないことを知っている? あなたがまず不完全性定理
>を勉強しなおすのが先じゃないのか?(笑)

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < まさに恥知らずな「釈迦に説法」といえましょう。
 (つ旦と)  
  と_)_) 

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 17:53 ID:Lk8ntzl+
>>86
お前、ひょっとして本当に「数学は無矛盾ではない」と思ってたのか?
恥知らずっていうのは、お前のような奴のことなんだがな。(w

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 17:56 ID:Lk8ntzl+
不完全性定理が「数学は無矛盾ではない」と言っているんだと思って
いるレベルなら、偉そうに論理学や数学について語るんじゃないよ。
ばか。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/29 15:37 ID:VOF/OskL
数学もひとつの系だということが判らん人がいるみたいだね。
系内で真実性を証明しても、それは真の証明とはならず
概念枠の外に出たとき真の真実性が明らかとなるのだ。

数学を公理化しようとすると、それが真実であることが理解できるにもかかわらず
真理であることを形式的には証明できない事があることを証明したのである。
いかなる論理体系でも無矛盾であるとき、その無矛盾性をその体系の公理系だけでは証明できないのだ。

ヒュームやカントなどにみられる数学についての懐疑を突き詰めていくと
最終的には認識論的相対主義に至るのだろう。
つまり、数式を認識した時点でそれは相対世界の出来事として、相対化することが可能となるのだ。

前スレから読んでいる人には、俺がこのスレで述べているのが数学を数学系内で捉えた話ではなく
哲学的観点からの話であること判るはずだ。よって立つ基盤や異なる観点からは別の結論が
導き出されることがあってもいいし、多様な観点を知ることは有意義なことなのだ。

難しい話を簡単に語るのは容易なことではないし、2ちゃんでゴミレスが付くのは仕方がないとしても
俺の想定外の馬鹿まで面倒見る気もない。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < 馬鹿にも判るように語るのは難しい
 (つ旦と)  
  と_)_) 

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/29 15:37 ID:VOF/OskL
パウエル発言をメディアが正確に伝えてないことを木村愛二が指摘していた。
国民がメディアをチェックし虚報を晒すことは民主社会にとって重要なことだろう。
http://www.asyura2.com/0403/war53/msg/692.html
>パウエルのコメントの内の「日本人は、云々すべきである」「Japanese people should be」は、確かに、
>「喜んでするこのような市民を持つこと」、「that they have citizens like this willing to do」につながってはいるが、
>以下の拙訳、「危険を喜んで身に引き受ける軍人をイラクに派遣していることをも大いに誇りに思うべきである」
>「very proud of the soldiers that you are sending to Iraq that they are willing to take that risk.」にも
>つながっており、それこそが、老練な外交官、元軍人としてのパウエルの真意だったのである。

日本の報道機関は世論誘導を目的とした情報操作を、自発的におこなっているのだが
このような特定の思想を背景として、自らが正しいと考える目的のためなら
国民を欺き騙してもよいと、肯定的に考える体質がしみついているのだ。

報道機関は本当は民意など認めてなく、大手メディアの意のままに盲従することを望んでいるが
これは、国民主権を否定しメディア主権を望む反民主的態度といわざる終えない。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/29 15:38 ID:VOF/OskL
真に主権在民を尊重するメディアなどなく、報道機関が一般意志の体現者であると思い上がり
報道機関の意にそぐわない民意を特殊意志として排除しようとする反民主的機関なのが
日本のメディアの実態なのだろう。ルソー的価値観で民主集中制的な思想に影響された者が
この業界に跋扈している限り、アジビラ感覚で報道を弄ぶ傾向が改まらないだろう。

国民はメディアに、思想背景を持たず主観を排した客観事実の提示を望んでいるのだが
世論誘導を目的としたアジテーターばかりで、事実を伝えることを第一義に考えるジャーナリストがいないのだ。
誘導を目的とした時点でジャーナリズムとはいえないだろう。

報道機関に民意など無く、真の民意はネットにあるのだ。
民主主義の発展のためには報道機関をチェックし、彼らの操作の実態を晒すことが肝要だろう。
どのような理由であれ報道機関が自ら情報操作することは、市民に対する背信行為であり反民主的態度なのだ。
もういいかげん、報道機関は市民の敵であるこが共通認識となってもいいころだろう。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) < ネットは報道機関に対するレジスタンスといえる
 (つ旦と)  
  と_)_) 

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/01 17:51 ID:MECpH4Uv
ビデオニュースドットコムでイラク人質事件の記者会見の様子が
アプされたようなのでリンクしておこう。
http://www.videonews.com/
それにしても弁護士が想定問答集をつくって事前に演習したり
マスコミからの質問は事前に質問を提出させたうえ、それ以外の質問には
回答しないという態度では真相究明などできないし、する気もないのだろう。
日本のジャーナリズムとこの程度なんだな。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <これで記者会見といえるのか
 (つ旦と)  
  と_)_) 


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 15:53 ID:MSzH/ktS
メディアの過剰な自主規制は何とかならないものだろうか。
どうやら日本の報道機関とやらは、事実を民衆に伝えるための機関ではなく
逆に、事実を伝えないことを第一義にしているような気がしてならないのだ。

国民主権や主権在民とは、国民に事象の判断権をあたえるという意味と
考えるべきだと思うが、報道機関というのは一般国民に判断を委ねることを拒んでいて
本音では報道機関の意のままに従えば良いと考えているに違いない。
このように世論誘導を目的としているために、必然的に報道機関による自発的な情報操作が常態と
なってしまったのだろう。このような体質は、国民に与えられた国民の知る権利および
判断権の妨害であり、報道機関による主権の簒奪に他ならないのだ。

司馬遼太郎が「戦前の日本は陸軍に乗っ取られた」と語ったが
俺に言わせれば「戦後の日本は知る権利を、報道権力によって簒奪され乗っ取られた」といいたい。

 ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧   ___ カタカタ…
  ( ・∀・) //  /___ <日本のマスメディアは糞ですな
  (_ つ っ// [..||.]||◎|  権力機関だと自認しないところが極悪で
  と_)| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:[.|  もはや、リバイアサン化してますな。
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ 

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 16:43 ID:MSzH/ktS
米軍による虐待行為が公となり、米国内でも物議を醸しているが
これらの画像を日本の報道機関が、自主規制という名の情報隠蔽しているのが腹立たしい。
戦時報道で残虐映像をありのまま流さないのは、国民に対する背信行為といえるだろう。
加工なしでオリジナルのまま報じるのが、国民から課せられた報道機関の義務だといいたい。
報道機関が情報隠蔽・情報操作する特権など容認できるはずも無く、いかなる理由をもってしても認められない。
日本のマスメディアは糞ですな、とりあえずリンクしとこう。
http://www.antiwar.com/news/?articleid=2444
刑務所内の画像はいいとしても、現在ネット上に出回っている
レイプ画像の方は明らかに捏造だよね。アダルトビデオが出典だし。
http://www.albasrah.net/images/iraqi-pow/iraqi-pow
http://www.paintheory.com/sexinwar/01/gallery01/
下記の写真はマジでイラクの近況。
http://home.wi.rr.com/davef/iraq.htm

 ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧   ___ カタカタ…
  ( ・∀・) //  /___ <日本のマスメディアは情報隠蔽していますな
  (_ つ っ// [..||.]||◎|  知る権利の侵害であり、報道機関による主権の簒奪ですな。
  と_)| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:[.|  国民主権の否定ですな。憲法記念日に憲法違反ですな。
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ 

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 17:10 ID:MSzH/ktS


       パンパンパンパンパーン!!
       ☆))Д´)
  ∧_∧ ∩☆))Д´)
 (,, ・∀・)彡☆))Д´)
   ⊂彡☆))Д´)
     ☆))Д´)

 ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧   ___ カタカタ…
  ( ・∀・) //  /___ <マスメディア各社に異議申し立てしているの図
  (_ つ っ// [..||.]||◎|  
  と_)| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:[.|  
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ 

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 17:12 ID:MSzH/ktS

  ∧_∧
 ( −_−)< まぁ落ち着きなさい。
 (    つ旦
 と_)_)


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 17:15 ID:MSzH/ktS

  ∧_∧   
 ( ・∀・) < ところで、僕が100ゲットすべきだとは思わないかい
 (つ旦と)  
  と_)_) 


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 04:22 ID:o2uuN5ty
>99     ____
     ,: 三ニ三ミミ;、-、     \/   ̄   | --十 i   、.__/__ \  ,   ____|__l l ー十
     xX''     `YY"゙ミ、    ∠=ー  ̄ヽ |  __|.  |   | /  ヽ  /   __|   ,二i ̄
    彡"     ..______.  ミ.    (___   ノ. | (__i゙'' し      ノ /^ヽ_ノ (__ (__
    :::::             ::;
   ,=ミ______=三ミ ji,=三ミi
   i 、'ーーー| =・ |=| =・ |             ,-v-、
   i; '::  ::: ーー" ゙i ,ーー'j              / _ノ_ノ:^)
    ーi:: ::i:  /`^ー゙`、_ ..i            / _ノ_ノ_ノ /)
     |:::. ゙"i _,,.-==-、;゙゙ i             / ノ ノノ//
     〉::.:..  丶 " ゙̄ .' .ノ       ____  /  ______ ノ
   / i, `ー-、.,____,___ノ\____("  `ー" 、    ノ
 ー'/  'i. ヽ、 ,二ニ/   \       ``ー-、   ゙   ノ
  /   'i、 /\ /      >       ( `ー''"ー'"
  \   'i," (__) /   /         \ /ノ

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 15:48 ID:y7k/5KN7
ぼ、ぼ、ぼ僕のキリ番が!!
しかも!!早朝四時にカヨ!!!
そういえば前スレにも早朝カキコばかりする奴が来てたよ!

 ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧ キ――――ッ!!
  .(;゜ ∀゜) < 投稿時間がキモスギ!!
  ( つ つ
 と__)__)      (・∀・;) ヒキコーモリダネ

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 15:54 ID:y7k/5KN7
「報道の自由」という言葉がもつ意味解釈の歪みが、腐敗要因の一つとなっているのかもしれない。
アジテーションとジャーナリズムとは本来対極に位置するべきだが
これを混同し同一視する傾向がマスメディアに有るように思える。

この両者を混同したために、「報道の自由」とは世論誘導を目的とする
政治運動行為のことと解釈され実践されてきたのだ。
報道機関とは政治運動団体であるという認識の結果、社会事象の判断を
民意に委ねようとせず、「報道の自由」を「報道機関が情報操作する特権」という
反民主的な歪んだ解釈が常態となってしまったのだろう。

報道は民主主義の要であるから健全でなければならないと考えればよいが
ジャーナリズムが過度に美化され、マスメディア自身によって神聖視する扇動が行われた結果
特権意識が芽生えてしまったのだろう。マスメディアに対し有効性のある異議申し立てすら
出来ないのはおかしい。

憲法を改正する際には、知る権利が報道機関に侵害されないように
報道機関の義務を明記し、異議申し立てが出来るようにしてほしい。
知る権利の侵害や判断権の侵害を吟味するチェック機関として
報道裁判所の設立を憲法で保障してほしいものだ。

 ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧   ___ カタカタ…
  ( ・∀・) //  /___ <歪曲報道や報道機関による人権侵害などを審査する
  (_ つ っ// [..||.]||◎|  報道裁判所設立キボーン
  と_)| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:[.|  
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ 

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 16:04 ID:y7k/5KN7

\_   <_   _/
  \  / /
   .├╋┤ ビビビ
     .|
   ∧_∧  ニヤニヤ
  (; ・∀・) < 強い電波を受信しますた 
  (     つ
  | | |
  (__)_)

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 13:47 ID:ChimHlbl
日本人はもういない。ヤラセ日本人ごっこがあるだけだ。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 17:32 ID:7pU6o+9D
>104
>日本人はもういない。ヤラセ日本人ごっこがあるだけだ。

日本人はもういないという命題が真ならば
アナタも日本人ではない、ということになりますな。


 ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧ キ――――ッ!!
  .(;゜ ∀゜) <
  ( つ つ
 と__)__)  

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 17:34 ID:7pU6o+9D
このリンク先は人権運動の立場から報道被害を論じているサイトだが
傾聴に値する意見を述べていると思う。しかしながら俺は下記サイトの主張する
オンブズマン制度には疑問を感じている、真の意味での「善意の第三者」による
チェック機関とはならず、特定の政治思想背景を持つ集団に蹂躙され
単なる圧力団体に堕することを危惧してる。

ユスティティアが左手に天秤を持ちつつも右手に剣(権威、権力を表す)を持つように
有効な強制力が無ければ批判しても無視されるのがオチであるから、オンブズマン制度は
真のチェック機関となりえないが、政治団体と一体化した悪質な圧力団体に
蹂躙される歯止めをかけつつ、公明正大で有効な力を持つチェック機関をつくるには
報道専門の簡易裁判所の設立がのぞましいと思う。
司法に委ねなければ、真に公正な判断は期待できない。
http://www.aurora.dti.ne.jp/~osumi/hrmedia/jcr01.html
http://www.aurora.dti.ne.jp/~osumi/hrmedia/hrmed01.html
http://www.aurora.dti.ne.jp/~osumi/hrmedia/pcc.html
山口正紀の「人権と報道概論」は一読の価値がある。
http://www.jca.ax.apc.org/~jimporen/lec.html

 ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧   ___ カタカタ…
  ( ・∀・) //  /___ <歪曲報道や報道機関による人権侵害などを審査する
  (_ つ っ// [..||.]||◎|  報道裁判所設立キボーン
  と_)| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:[.|  
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ 

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 17:37 ID:7pU6o+9D
紹介するHPは元新聞記者が運営しているのだが
マスメディア批判HPとしては秀逸です。
ここの素晴らしいことは、思想性を剥き出しにした政治運動と一体化したものではなく
新聞業界の健全化を真摯に希求しており、詳細な分析とともに問題提起している点がいい。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~NKSUCKS/

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <優良サイトだ
 (つ旦と)  
  と_)_)

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 03:48 ID:sfF1B02N
>101
あなた、初歩的な生活の多様性くらい認識しなさいよ。
あなたが寝ている時間にPCのまえで仕事している人間もいるんだよ。
せっかく役立つことをあなた書いてるんだから、たまの息抜きレスポくらいいいでしょう?
ほんとに太田龍なみの独善ナルシストだな。

いや、そこまでなりすましているのか!?  、、、、、、ま負けますた。


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 15:51 ID:zR3w8P+r
>108

いやー  こんなマジレスが返ってくるとは予想外でしたよ。
せっかくだから、じゃー俺もマジレス返すよ。

まず、あのギャグを解説しよう!>99で俺がキリ番ゲットしたいそぶりを見せつつ
意図的に書き込まなかった点に注目していただきたい!
このギャグは、第三者に100ゲットさせたうえで101で悔しがる振りをする、というギャグなのだ!
だから、わざと99で書き込みを止めてたんですよ。
なぜ99まで書き込んだにもかかわらず、100を取らなかったのかを考えてほしかった。

息抜きのレスしてくれてもいいけど、シャレを理解してほしい。
つーか、マジで受け取られても困るよ、こっちも息抜きのつもりでこのスレやってるし
ネタのつもりでレス返してるんだから、俺のレスを深刻に受け止めないでくれよー!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧_∧ キー!
     目(´∀` ) <このスレの投稿はすべてフィクションだからな!
     | (    ) 
   | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\
   | 太田龍 |   |

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 15:58 ID:zR3w8P+r
マスメディアの報道姿勢に激怒したため、話題が脱線したが
以前書いてた数学ネタにもどろうと思っているのだ。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧_∧ キー!
     目(´∀` ) <まぁ静観してくれたまえ。
     | (    ) 
   | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\
   | 太田龍 |   |


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 14:17 ID:RhF5Uxu1
ロバート・ハリス最新刊
『人生の100のリスト』 講談社 ; ISBN: 4062122707 ; (2004/02/24)

私はこの人から余計な捏造・歪曲をしない文章というものを学んだ。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 17:47 ID:yQccUYtc
報道が政治運動を目的としてるから、客観データの提示を忌避する傾向が出てくるのだろう
世論誘導を目的とした時点で、ジャーナリズムは死滅しアジテーションに転落するのだな。
日本に報道機関は無く、扇動機関となってしまっているのだね。
報道が言論機関(扇動目的)と考えられている点が、計画的な騙しを容認する虚報体質が生じる
要因となっているのだろうね。

思想背景を持たず政治運動を目的としない、真のジャーナリズムが切望されているが
国民の知る権利を保障することをジャーナリズムの義務だと考え
国民の為に、偏向しない客観データの提示を第一義に考えることに使命感を抱く
真のジャーナリズムが育たないのだね。
高度情報化社会だからこそ確度が以前にまして重視されるようになり、真実性がマスメディアの
評価基準となる時代になったのだという自覚が無いのだろう。

どーでもいいが、以前サンプロで「イラクでの外交官殺害事件」が報じられたが
その後の調査報道すら満足にされず、いちいち国会議事録を読まねばならんとは
いったいどーなっているのやら。マスメディアを経由せず
政府に直接情報提供してもうしかないのなら、マスメディアが無いのと一緒だよ。

第159回国会 外交防衛委員会 第15号
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kaigirok/daily/select0104/159/15904270059015a.html

衆議院会議録
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kaigiroku.htm
参議院会議録
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kaigirok/daily/kaigiselect.html

 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧ キ――――ッ!!
  .(;゜ ∀゜) <
  ( つ つ
 と__)__)  

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 17:49 ID:yQccUYtc
ニュースサイトをチェックするのもメイドイが
毎日更新してくれるサイトは重宝するね。
「あネット」なんかはリンク集も便利だし、スタートページに最適かもしれない。
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/laputa/home.html
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/laputa/standard.html
「悪徳マニアックス」のニュース一覧ページは自動更新してるのだろね。よーわかりませんが。
http://www.makani.to/akutoku/nneewwss/

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <マターリだね
 (つ旦と)  
  と_)_) 

114 :白金竜:04/05/13 17:29 ID:XrSs8Puy
○孝明天皇弑逆作戦の指揮系統は以下の通り。

 (1)ロスチャイルド財閥(イルミナティ世界権力の頂点13血流の中核、ユダヤ)
     ↓
 (2)サッスーン(ロスチャイルドの極東総支配人、ユダヤ)
     ↓
 (3)グラバー(フリーメーソン駐日代表、サッスーンの在日代理人)
     ↓
 (4)薩長首脳と岩倉ら公卿の中の極悪売国奴化した一味
     ↓
 (5)孝明天皇弑逆実行隊長としての
    長州、伊藤博文(かつてのグラバー邸での下男)  


形ばっかり機能麻痺、やらせインチキ「日本」キーッ!!

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 17:33 ID:O4gNjAsl

\_   <_   _/
  \  / /
   .├╋┤ ビビビ
     .|
   ∧_∧  ニヤニヤ
  (; ・∀・) < 強い電波を受信しますた 
  (     つ
  | | |
  (__)_)



116 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/14 16:22 ID://A6Ix1p
>114
アナタは真性のトンデモさんですね。
もし宣伝のつもりで書き込んでいるのなら、止めてくれないか。
単なるコピペは、荒らしだよ。低レベルの真性電波は来ないでね。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <ついに真性DQNが来てしまいましたか
 (つ旦と)   こういう奴がくると気が滅入るよ。
  と_)_) 

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/14 22:15 ID:IAz7WDkA


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/14 22:15 ID:IAz7WDkA


119 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/15 12:54 ID:T1eWeHX/
太田龍とか副島隆彦とかある意味で徹底してるよな。
中島義道あたりが半端に思える(藁

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 17:32 ID:1hQqpExy
なんか急に人が増えたみたいね。
何も書かずに「空age」してるのはギャグのつもりなんだろうか?
何がしたいのか、よーわかりませんが。

どーでもいいが、以前書いてた数学ネタに戻るからな。

 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧ キ――ッ!!
  .(;゜ ∀゜) < ななな…中島義道って…
  ( つ つ
 と__)__)  

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 17:33 ID:1hQqpExy
和算は中国算学を基礎とするも、江戸期に置ける発展ぶりは、中国算学の模倣にとどまらない
関孝和以降独自の発展をとげていて、一般まで浸透した様子が多彩な和算書の出版からうかがえる。
http://www.tcp-ip.or.jp/~hom/
和算が単なる計算術にとどまり、数理基礎論を伴う数学へと発展できなかったことが悔やまれるが
江戸期三百年では、数論的思索まで昇華するには時間的に短すぎたのだろう。
明治期の近代化政策や短期間での世界水準の工業力獲得も、江戸期に和算が大発展を遂げ
一般庶民にまで学習されてきたことと無縁ではあるまい。
http://www2.nkfust.edu.tw/~jochi/jn0.htm
「直感」が単純な思いつきの意味で語られることが多いが
科学的に正しい直感主義論理を理解するのに、和算は有効だろう。
http://www.rd.mmtr.or.jp/~bunryu/nihon2.shtml

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <西洋中心主義へのこだわりを捨てて、日本の歴史を謙虚に理解し
 (つ旦と)  日本人の有する創造性を、正当に評価することが望まれます。
  と_)_) 

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 17:37 ID:1hQqpExy
俺は漢陽大の金容雲を比較文化論の分野ではまったく評価してないが
日本人にはないユニークな視点と思うので、リンクしておこう。
http://www.google.co.jp/search?q=cache:VUSD6c1Bc18J:www.nichibun.ac.jp/text/fn56.sjis.html+%E5%92%8C%E7%AE%97%E3%81%A8%E6%BC%A2%E7%AE%97&hl=ja&ie=UTF-8&inlang=ja
算額奉納などに見られる趣味としての面だけでなく、暦法や天文学、度量衡の体系への応用など
その両方を見ないと和算の姿は正しく見えてきません。
http://www3.justnet.ne.jp/~m-souda/math/math.htm
http://www.wasan.jp/

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <関孝和スゲーヨ
 (つ旦と)  
  と_)_) 


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/18 21:30 ID:vpZqOr9K
日本語ミームを公に超えることは難しい(極私的にはともかくとして)。
我々の言動・思考は日本語ミームに無自覚に統制されている面が多い。
そういった点で太田龍氏の歩みは、内容的にはともかく、理解できないこともない。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/19 08:40 ID:pFZq2QpV
> 科学的に正しい直感主義論理を理解するのに、和算は有効だろう。

どういう意味ですか?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/20 17:02 ID:u/iq23tT
>>123

ミームってドーキンスが利己的遺伝子説で説いたmemeのことだよね。
俺的には、日本人は日本人として生きていくしかないと思っているけどね。
日本固有文化を誇りとする価値観を持ち、独自性を肯定したうえで、
国際社会の中で独自性を表明し、日本人であると堂々と名乗る生き方をするしかないんだと思う。
中国人は西洋文明におもねる価値観を持たずに、国際社会の中で堂々と中国流を貫いてるし
欧米人は他文明の独自性を尊ぶところがあるので、独自の価値観を掲げても問題ないんだよ。

日本固有のミームを「土人」の一言で全否定する副島などは最低だと思うけどな。
結局、副島のいう「土人否定論」とは、西洋文明のみを人類が範とすべき唯一のものだと規定する
西洋同化論でしかないね。この西洋至上主義的傾向はサイードのいう「オリエンタリズム」
そのもののであって、全共闘世代には欧米と同化しなくてはならないとの、強迫観念のようなものがあるんじゃないの。

「日本人に独創性はない」という思いこみが激しく、日本文化の正当な評価を忌避し否定的となる心理を
刷り込まれてきたのではないのか。とくに全共闘世代はサイードの「オリエンタリズム」にみられる心理を
日本人自身がみにつけ、西洋に劣った存在として自己規定する自虐主義が蔓延したのだった。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧
 ( −_−)< まぁ落ち着きなさい。
 (    つ旦
 と_)_)

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/20 17:05 ID:u/iq23tT
>>124

深い意味があって書いたわけではないよ。
ただ、オカルトオタが科学否定論の文脈で「直感主義」という言葉を使うことが散見されるので
この語法に前々から嫌悪感を感じていたんだ。学術的な意味での正しい解釈ではなく
彼らの言う「直感」とは文字通りの、低俗な単なる思い付きの意味で使い、科学的考察と直感が対立概念だと
勘違いしていることがあるんだ。それであえて「科学的に正しい」直感主義論理と書いたんだよ。
直感後の理論化こそが重要なのに、彼ら科学否定論者の言う「直感主義」とは
結局のところ空想主義でしかないしな。

しかし、和算を話題とする文脈で、基礎論の「直感主義論理」という言葉を使ったのはへんだったかもしれない。
哲学的な意味での『「直感主義」の論理』と書くべきだったかもしれないね。


話のついでに、直感主義論理に関するリンクしとこう。
http://home.p07.itscom.net/strmdrf/basic_a1.htm

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <
 (つ旦と)  
  と_)_) 

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/20 20:14 ID:cziUNAsn
大田龍や属国副島よりも関曠野の明治維新論がずっと整合性があるとおもふよ、
部分的に重なっていたとしても。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4041/seki/bn.html
日本人天来の良質ミームもあるが、宿痾(しゅくあ)としてのミームもある
ということだよね。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/21 09:58 ID:mSlPkbdd
>>126
哲学的に見たとき、直観主義というのは構成主義(反実在論)ですから、人間
の認識とは独立した「真理」の存在を否定する、あるいはその不可知性を主張
する立場でしょう。リンク先は、ハイティング計算の公理系の紹介で、直観主
義の哲学的問題を考えるための前提としては、レベルが低すぎませんか?

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/21 16:58 ID:ljGBaZv7
>127
>日本人天来の良質ミームもあるが、宿痾(しゅくあ)としてのミームもあるということだよね。

そのとおりだよ。これこそがまさに「伝統」という言葉の定義そのものだろう。
さまざまな文化が生まれるが、つまらないものは失伝し価値あるものだけが後世に継承伝播される。
この、国民の無自覚な総意による「時間的淘汰の結果」が、「伝統」とよばれる物の正体だろうと思う。
未来によき形で生かしうる良質ミームを認定し、宿痾ミームは批判すればいいんだ。

なにをよき物と考えるかは、個々人によって判断基準がかなり違うだろうけど、だからこそ
無自覚な総意による「自然淘汰」が好ましい。人工的な価値体系を無理に作り出して
ミームの判断基準を特定のイデオロギーに求めるのは、やめたほうがいいと思う。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <太田はオモロイので許せるが、副島は嫌いなのだ。
 (つ旦と)  やつらが法哲学を持ち出して「土人」否定論を吹聴するのはムカツクノダ
  と_)_) 

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/21 17:00 ID:ljGBaZv7
>128

前スレからさまざまな話題を書いてきたけど、基本的にこのスレはネタスレだからね。
俺としても気軽にやってるし、このスレ自体が高尚なもんじゃないよ。w
前スレで俺自身が「このスレのレベルは鼻くそレベルなのだ」と語ったこともあったぐらいだし。w
その場の勢いで暴論や珍説を書くことも多々あるしね。

いまさらレベルが低いといわれても、考えるきっかけとなる「入門レベル」のリンクしかしたことないよ。
俺的にはそれでいいと思ってる、しょせん2chなんだし。

どーでもいいが、sage進行に協力してくれないかな。俺はここに常駐してるからageる必要はないよ。
このスレに悪意がないのならsageレスキボーンなのだが。w

128は最近このスレをハケーンした人ですか?前スレから読んでる人じゃないの?
前スレではもっーとレベルの低いことイパーイ書いて楽しんでたんですけど(ワラ

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧
 ( −_−)< まぁお茶でも飲みなされ。
 (    つ旦
 と_)_)

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/22 14:44 ID:RbDvT0ZZ
複数の人にレス返しているうちに、混乱してきたので改めて整理しておこう。
まず>>121の主旨は和算が日本の誇りとすべき「良質ミーム」のひとつであると
素朴に述べたかっただけなんだ。「直感主義」云々〜というのは>121の主旨から外れたいわば傍論なんだな。(>>126
ここに突っ込みいれられるのは、俺からみれば本意から外れてるんだよー つд`)
ただ素朴に和算マンセーしたかっただけ、というのが本当のところなんだな。w

 ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧   ___ カタカタ…
  ( ・∀・) //  /___ <これで納得してくれよー!
  (_ つ っ// [..||.]||◎|  つーか次のネタ行かせてくれよ つд`)
  と_)| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:[.|  
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ 


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/23 16:38 ID:m35S7+MV

             (⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
            (  このスレで学術論文レベルの論述を期待されても
          O  (  そこまで本気にはなれないよ…なんていまさら言えないよなぁ…
        ο    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
        。
___∧_∧__
   ( ・∀・)  |
――(    )―┘、            マツデチ!!    キャッキャッ!!
‐――┐ ) )――┐         ≡≡∧,,∧   ≡≡∧ ∧
    (__ノ__ノ    . |         ≡≡ミ,,>∀<ミ ≡≡(,,・∀・)
                     ≡≡_u,,uノ  ≡≡ミ_u,,uノ
                   "~"   """  :::    "~""~" 


133 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/23 19:06 ID:wwhjB0RE
つかーぬこと御伺いしますが、↑こういう絵を描けるようになるには
どうすればよいのでせうか? 何か専用の特殊なソフトがあるのでせうか?

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/25 16:17 ID:MeDx2EgE
>133

AA作成ツールは下記のリンク先で入手してください。
(´д`)Edit が評判いいみたいです。

基本的な技術はこのスレを一読すれば習得できるだろう。
http://piza2.2ch.net/mona/kako/996/996197394.html
http://choco.2ch.net/mona/kako/1011/10119/1011981869.html
http://salami.2ch.net/aastory/kako/1014/10140/1014012465.html
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mona&key=981423256
ズレ直しの基本原理を理解できれば自由に書けるようになるよ。
現在進行形のAA講座スレは下記などだ。具体的な質問はAA板の質問スレですればいい。
http://aa4.2ch.net/test/read.cgi/aasaloon/1078552583/
http://aa3.2ch.net/test/read.cgi/mona/1067074726/
作成ツールをつかえば、クリックでさまざまなポーズのAAを描画できるので
単純なものならすぐに描けるようになるよ。
俺は既存AAの改造ぐらいしかせんから、メモ帳で十分だけどね。

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <俺には高度なものは描けんけどな。
 (つ旦と)  
  と_)_) 
AA講座系リンク集
http://sports.2log.net/baseball/img/aa_link_rink.html
エディタ類
  ・ (´д`)Edit http://www62.tok2.com/home/edit/
  ・ AAE http://aaesp.tripod.co.jp/
  ・ ギコぺ http://www.geocities.co.jp/Milano-Aoyama/5173/

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/26 19:59 ID:5UPOJ7cy
AAですか。こういう世界があるんですねえ。多謝。
学術つづききぼん。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/27 18:28 ID:GZHEHl27
>学術つづききぼん。

学術ったってあくまでもネタスレだし、今までだってたいしたこと書いてないよ。
前スレでこう語ったことがある。
「深夜泥酔状態に陥ったとき、俺の体に太田龍の生霊が憑依し
無意識状態で自動書紀されたものを、校正も推敲もせずにそのまま投稿しているのだ。
夜書いて昼間投稿なのだ。決して昼間から酒飲んでるわけじゃないからな!」と。w

スレタイにハナアルキを用い、>1でハラルト・シュテュンプケを取り上げたことから判るように
俺がここでやりたいことはシュテュンプケのようなギャグなんだな。
虚実織り交ぜながら真顔でギャグかますお笑い芸人のように、シュールなギャグスレのつもりなんだ。
だからこのスレに何書いてあっても、鵜呑みにするのはやめたほうがいいよ。

本物の学術知識を得るには、論文を読んで真摯に勉強するしか方法がないんだ。
ネット上で勉強しようと思うのは間違ってるし、2ちゃんで知識を深めようと考えるのは
とても危険だから考え直したほうがいい。(ネタとマジの区別ができずに
自分勝手にデタラメな解釈をした挙句、トンデモに転落するのがオチ)

これらを承知の上で、このスレを楽しんでもらえてるのなら、いいんだけどね。
(鼻行類を読むようなノリでね)w

どーでもいいことですが「シュールなギャグスレのつもり」と書いて思い出したんだが
このシュールという言葉の意味を理解せずに使っている人が多いような気がするんだが…
これは仏語のシュルレアリスム surrealisme のことで、超現実主義の意味なんだな。
フロイトから影響を受けたブルトンにより、精神分析の手法を取り入れた芸術運動のことなんだが
アンドレ・ブルトン著「シュルレアリスム宣言」のなかで「夢と現実が一種の絶対的現実(超現実)
の中で解消する・・・純粋な心の自動現象(オートマティスム)の発見こそシュルレアリスム」と
定義づけているのだ…ナンノコッチャ ワラ

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <新たなネタができたら再開いたす。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/27 18:31 ID:GZHEHl27
少し前に基礎論が話題に上ったことで思い出したが、M_SHIRAISHIはまだケンブリッジで講演しないのかな?
論争で京大などの助手・助教授クラスをコテンパンしてしまった…らしい…
ケンブリッジで講演するというのは、東大で苛められたとき苦し紛れで法螺吹いただけ、という噂もあるがw
http://www.age.ne.jp/x/eurms/Ronri_Kaikaku.html#00
まぁ自分なりにいろいろ研究してみるのはいいことだろう。その是非はともかくとして。
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1035210795/

 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   
 ( ・∀・) <新論理学ってマジですか?
 (つ旦と)  
  と_)_) 

113 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)